UNIVERSITY OF TOYAMA SYLLABUS 富山大学
2019年度 授業案内
戻る シラバストップへ戻る
>> 経済学研究科(修士課程)企業経営専攻
  授業科目名
国際民事訴訟法演習 マイシラバス
  (英文名)
Seminar for International Civil Procedural Law
  担当教員(所属)
岩本 学(経済学部)
  授業科目区分
専門教育科目 企業専攻科目
  授業種別
演習科目
  COC+科目
-
  開講学期
通年・水曜7限
  対象所属
地域・経済政策専攻、企業経営専攻
  対象学年
1、2年
  時間割コード
232790
  単位数
4単位
  ナンバリングコード
2B2-36066-1170
  最終更新日時
19/03/22

  オフィスアワー(自由質問時間)
 

  リアルタイム・アドバイス:更新日   
 

  授業のねらいとカリキュラム上の位置付け(一般学習目標)
修士論文の執筆に必要な,論文の執筆方法を学びつつ,関連する国際民事訴訟法・国際私法の国内外の論稿について調査し,読解する訓練を行う。

  教育目標
 

  達成目標
国際民事訴訟法・国際私法をベースとした修士論文を執筆できるようになること。
修了後も,上記法問題の研究に取り組める基礎を身につけること。


  授業計画(授業の形式、スケジュール等)
第一回−第二回 ガイダンス 論文作成にあたっての基礎的事項の確認
第三回−第四回 国際民事訴訟法の論文執筆に必要な作業・情報の教示
第五回−第六回 国際民事訴訟法の論文執筆に必要な作業・情報の教示2
第七回−第八回 国内外の国際民事訴訟法・国際私法に関する文献講読1
第九回−第十回 国内外の国際民事訴訟法・国際私法に関する文献講読2
第十一回−第十二回 国内外の国際民事訴訟法・国際私法に関する文献講読3
第十三回−第十四回 国内外の国際民事訴訟法・国際私法に関する文献講読4
第十五回 前期のまとめ:雑誌投稿用論文指導

第十六回−第十七回 修士論文執筆指導1
第十八回−第十九回 修士論文執筆指導2
第二十回−第二一回 修士論文執筆指導3
第二二回−第二三回 修士論文執筆指導4
第二四回−第二五回 修士論文執筆指導5
第二六回−第二七回 修士論文執筆指導6
第二八回−第二九回 修士論文執筆指導7
第三十回 全体のまとめ


  授業時間外学修
 文献の翻訳などを授業前にしておくこと。

  キーワード
国際私法,民事訴訟法

  履修上の注意
 

  成績評価の方法
文献講読時の授業態度及び講義外の時間で執筆する修士論文(一年次であればその一部分)を評価対象とし,今後研究する力が身についたか否かを基準として二割の評価,修士論文の執筆過程及びその成果物を対象として八割の評価を行う。

  教科書・参考書等    図書館蔵書検索
参考書:特になし

  関連科目
民事訴訟法,国際私法

  リンク先ホームページアドレス
 
  備考  

000046
戻る シラバストップへ戻る


富山大学 SYLLABUS
 2019年度 戻る シラバストップへ戻る
PDF生成
経済学研究科(修士課程)企業経営専攻
授業科目名
国際民事訴訟法演習  マイシラバス
英語名

Seminar for International Civil Procedural Law 

担当教員

岩本 学(経済学部) 

授業科目区分

専門教育科目 企業専攻科目 

授業種別

演習科目 

COC+科目

開講学期

通年・水曜7限 

対象所属

地域・経済政策専攻、企業経営専攻 

対象学生

1、2年 

時間割コード

232790 

単位数

4単位 

2B2-36066-1170

最終更新日時

19/03/22 

オフィスアワー

  

更新日  

  

授業のねらいとカリキュラム上の位置付け

修士論文の執筆に必要な,論文の執筆方法を学びつつ,関連する国際民事訴訟法・国際私法の国内外の論稿について調査し,読解する訓練を行う。 

教育目標

  

達成目標

国際民事訴訟法・国際私法をベースとした修士論文を執筆できるようになること。
修了後も,上記法問題の研究に取り組める基礎を身につけること。 

授業計画

第一回−第二回 ガイダンス 論文作成にあたっての基礎的事項の確認
第三回−第四回 国際民事訴訟法の論文執筆に必要な作業・情報の教示
第五回−第六回 国際民事訴訟法の論文執筆に必要な作業・情報の教示2
第七回−第八回 国内外の国際民事訴訟法・国際私法に関する文献講読1
第九回−第十回 国内外の国際民事訴訟法・国際私法に関する文献講読2
第十一回−第十二回 国内外の国際民事訴訟法・国際私法に関する文献講読3
第十三回−第十四回 国内外の国際民事訴訟法・国際私法に関する文献講読4
第十五回 前期のまとめ:雑誌投稿用論文指導

第十六回−第十七回 修士論文執筆指導1
第十八回−第十九回 修士論文執筆指導2
第二十回−第二一回 修士論文執筆指導3
第二二回−第二三回 修士論文執筆指導4
第二四回−第二五回 修士論文執筆指導5
第二六回−第二七回 修士論文執筆指導6
第二八回−第二九回 修士論文執筆指導7
第三十回 全体のまとめ 

授業時間外学修

 文献の翻訳などを授業前にしておくこと。 

キーワード

国際私法,民事訴訟法 

履修上の注意

  

成績評価の方法

文献講読時の授業態度及び講義外の時間で執筆する修士論文(一年次であればその一部分)を評価対象とし,今後研究する力が身についたか否かを基準として二割の評価,修士論文の執筆過程及びその成果物を対象として八割の評価を行う。 

図書館蔵書検索

参考書:特になし 

関連科目

民事訴訟法,国際私法 

リンク先ホームページアドレス

  

備考

  



戻る シラバストップへ戻る
PDF生成 マイシラバスリスト

ページの先頭へ