UNIVERSITY OF TOYAMA SYLLABUS 富山大学
2019年度 授業案内
戻る シラバストップへ戻る
>> 経済学研究科(修士課程)企業経営専攻
  授業科目名
情報システム論演習 マイシラバス
  (英文名)
Seminar for Information Systems
  担当教員(所属)
柳原 佐智子(経済学部)
  授業科目区分
専門教育科目 企業専攻科目
  授業種別
演習科目
  COC+科目
-
  開講学期
通年・その他
  対象所属
地域・経済政策専攻、企業経営専攻
  対象学年
1、2年
  時間割コード
232520
  単位数
4単位
  ナンバリングコード
2B2-39016-1870
  最終更新日時
19/03/22

  オフィスアワー(自由質問時間)
 

  リアルタイム・アドバイス:更新日   
 

  授業のねらいとカリキュラム上の位置付け(一般学習目標)
 高度情報社会の企業経営における情報システムが従業員の社会生活に及ぼす影響について自ら問題点を探し出して解決のシナリオ作成と検証を行う.


  教育目標
 

  達成目標
 高度情報社会の企業経営における情報システムが従業員の社会生活に及ぼす影響に関するテーマを各自が自主的に見つけ出し,その解決のシナリオと検証に関して修士論文につなげるための準備に必要な能力を身につける.


  授業計画(授業の形式、スケジュール等)
以下の内容をに基づいて,演習形式で行う.

第1回:ガイダンス
第2回:経営情報に関する基本的論文の輪読(1)
第3回:経営情報に関する基本的論文の輪読(2)
第4回:経営情報に関する基本的論文の輪読(3)
第5回:経営情報に関する基本的論文の輪読(4)
第6回:経営情報に関する基本的論文の輪読(5)
第7回:経営情報に関する基本的論文の輪読(6)
第8回:経営情報に関する基本的論文の輪読(7)
第9回:経営情報に関する基本的論文の輪読(8)
第10回:経営情報に関する基本的論文の輪読(9)
第11回:経営情報に関する基本的論文の輪読(10)
第12回:経営情報に関する基本的論文の輪読(11)
第13回:経営情報に関する基本的論文の輪読(12)
第14回:経営情報に関するレポートの添削指導とディスカッション(1)
第15回:経営情報に関するレポートの添削指導とディスカッション(2)
第16回:研究計画の作成指導(1)
第17回:研究計画の作成指導(2)
第18回:研究計画の作成指導(3)
第19回:先行研究の研究(1)
第20回:先行研究の研究(2)
第21回:先行研究の研究(3)
第22回:先行研究の研究(4)
第23回:先行研究の研究(5)
第24回:先行研究の研究(6)
第25回:中間論文作成(1)
第26回:中間論文作成(2)
第27回:中間論文作成(3)
第28回:中間論文修正(1)
第29回:中間論文修正(2)
第30回:中間論文完成



●スケジュールは,予定です.受講者の情報系科目の過去の履修状況等によって変更することがあります.



  授業時間外学修
毎回の文献について事前に読み込み、関連資料も調べた上でディスカッションに備える。

  キーワード
情報,情報システム,情報倫理,ICT

  履修上の注意
 学生が指定された課題の内容についてレジュメを作成して発表します.
 発表内容について質疑応答と議論によって理解を深めていきます.適宜、教員が補足説明をおこないます。
 


  成績評価の方法
演習における各自の担当部分の評価50%
毎回の議論への取り組みおよび準備状況50%
を総合的に判断して評価する.
無断欠席した場合は成績対象外となる。


  教科書・参考書等    図書館蔵書検索
受講者の状況やテーマに応じて検討し,第1回の授業で指定する.

教科書の他に,必要に応じて学会誌掲載学術論文等を利用する


  関連科目
 

  リンク先ホームページアドレス
 
  備考  

000024
戻る シラバストップへ戻る


富山大学 SYLLABUS
 2019年度 戻る シラバストップへ戻る
PDF生成
経済学研究科(修士課程)企業経営専攻
授業科目名
情報システム論演習  マイシラバス
英語名

Seminar for Information Systems 

担当教員

柳原 佐智子(経済学部) 

授業科目区分

専門教育科目 企業専攻科目 

授業種別

演習科目 

COC+科目

開講学期

通年・その他 

対象所属

地域・経済政策専攻、企業経営専攻 

対象学生

1、2年 

時間割コード

232520 

単位数

4単位 

2B2-39016-1870

最終更新日時

19/03/22 

オフィスアワー

  

更新日  

  

授業のねらいとカリキュラム上の位置付け

 高度情報社会の企業経営における情報システムが従業員の社会生活に及ぼす影響について自ら問題点を探し出して解決のシナリオ作成と検証を行う.
 

教育目標

  

達成目標

 高度情報社会の企業経営における情報システムが従業員の社会生活に及ぼす影響に関するテーマを各自が自主的に見つけ出し,その解決のシナリオと検証に関して修士論文につなげるための準備に必要な能力を身につける.
 

授業計画

以下の内容をに基づいて,演習形式で行う.

第1回:ガイダンス
第2回:経営情報に関する基本的論文の輪読(1)
第3回:経営情報に関する基本的論文の輪読(2)
第4回:経営情報に関する基本的論文の輪読(3)
第5回:経営情報に関する基本的論文の輪読(4)
第6回:経営情報に関する基本的論文の輪読(5)
第7回:経営情報に関する基本的論文の輪読(6)
第8回:経営情報に関する基本的論文の輪読(7)
第9回:経営情報に関する基本的論文の輪読(8)
第10回:経営情報に関する基本的論文の輪読(9)
第11回:経営情報に関する基本的論文の輪読(10)
第12回:経営情報に関する基本的論文の輪読(11)
第13回:経営情報に関する基本的論文の輪読(12)
第14回:経営情報に関するレポートの添削指導とディスカッション(1)
第15回:経営情報に関するレポートの添削指導とディスカッション(2)
第16回:研究計画の作成指導(1)
第17回:研究計画の作成指導(2)
第18回:研究計画の作成指導(3)
第19回:先行研究の研究(1)
第20回:先行研究の研究(2)
第21回:先行研究の研究(3)
第22回:先行研究の研究(4)
第23回:先行研究の研究(5)
第24回:先行研究の研究(6)
第25回:中間論文作成(1)
第26回:中間論文作成(2)
第27回:中間論文作成(3)
第28回:中間論文修正(1)
第29回:中間論文修正(2)
第30回:中間論文完成



●スケジュールは,予定です.受講者の情報系科目の過去の履修状況等によって変更することがあります.

 

授業時間外学修

毎回の文献について事前に読み込み、関連資料も調べた上でディスカッションに備える。 

キーワード

情報,情報システム,情報倫理,ICT 

履修上の注意

 学生が指定された課題の内容についてレジュメを作成して発表します.
 発表内容について質疑応答と議論によって理解を深めていきます.適宜、教員が補足説明をおこないます。
  

成績評価の方法

演習における各自の担当部分の評価50%
毎回の議論への取り組みおよび準備状況50%
を総合的に判断して評価する.
無断欠席した場合は成績対象外となる。 

図書館蔵書検索

受講者の状況やテーマに応じて検討し,第1回の授業で指定する.

教科書の他に,必要に応じて学会誌掲載学術論文等を利用する
 

関連科目

  

リンク先ホームページアドレス

  

備考

  



戻る シラバストップへ戻る
PDF生成 マイシラバスリスト

ページの先頭へ