UNIVERSITY OF TOYAMA SYLLABUS 富山大学
2019年度 授業案内
戻る シラバストップへ戻る
>> 経済学研究科(修士課程)地域・経済政策専攻
  授業科目名
計量経済学演習/Seminar for Econometrics マイシラバス
  (英文名)
Seminar for Econometrics
  担当教員(所属)
唐渡 広志(経済学部経済学科)
  授業科目区分
専門教育科目 地域専攻科目
  授業種別
演習科目
  COC+科目
-
  開講学期
通年・月曜3限
  対象所属
経済学研究科(修士課程)地域・経済政策専攻/Graduate School of Economics ,経済学研究科(修士課程)企業経営専攻/Graduate School of Economics
  対象学年
1年、2年
  時間割コード
232300
  単位数
4単位
  ナンバリングコード
2B1-38036-0270
  最終更新日時
19/02/14

  オフィスアワー(自由質問時間)
 

  リアルタイム・アドバイス:更新日   
 

  授業のねらいとカリキュラム上の位置付け(一般学習目標)
計量経済モデルの理論的な研究や応用を行う。古典的線形回帰モデル,非線形回帰モデル,固定効果/変量効果モデル,質的選択モデル,空間計量経済モデル,などに関する推定方法,推定量の性質,検定手法について吟味し,パソコンを利用した実習を行う。

  教育目標
 

  達成目標
代表的な計量経済分析の手法を習得する。

  授業計画(授業の形式、スケジュール等)
第1回:線形回帰モデル
第2回:最小2乗推定量の性質-1
第3回:最小2乗推定量の性質-2
第4回:仮説検定とモデル選択
第5回:制約付きモデルの検定
第6回:関数形と構造変化の検定
第7回:非線形最小2乗法
第8回:内生性と操作変数法-1
第9回:内生性と操作変数法-2
第10回:一般化最小2乗法
第11回:システム推定
第12回:固定効果モデルと変量効果モデル-1
第13回:固定効果モデルと変量効果モデル-2
第14回:固定効果モデルと変量効果モデル3
第15回:最小距離推定とGMM-1
第16回:最小距離推定とGMM-2
第17回:最小距離推定とGMM-3
第18回:最尤法-1
第19回:最尤法-2
第20回:離散選択モデル1
第21回:離散選択モデル2
第22回:離散選択モデル3
第23回:制限従属変数-1
第24回:制限従属変数-2
第25回:系列相関と非定常データ-1
第26回:系列相関と非定常データ-2
第27回:空間計量経済分析-1
第28回:空間計量経済分析-2
第29回:空間計量経済分析-3
第30回:まとめ


  授業時間外学修
分析手法の意味を理解すると同時に,パソコンで計算できるように訓練する。

  キーワード
最小2乗法,一般化最小2乗法,パネルデータ分析,操作変数法,一般化積率法,最尤法,離散選択モデル,空間計量経済学

  履修上の注意
 

  成績評価の方法
レポート提出(100%)

  教科書・参考書等    図書館蔵書検索
・Greene,W.H.,(2011),Econometric Analysis,7th.ed., Prentice Hall. \5000
・Wooldridge,J.M.,(2001), Econometric Analysis of Cross Section and Panel Data,MIT Press.\5000
・Baltagi, B. H., (2009), A Companion to Econometric Analysis of Panel Data, Wiley.\5000
・LeSage, J. and R. K. Pace (2009), Introduction to Spatial Econometrics, AChapman & Hall Books.\5000


  関連科目
計量経済学特殊研究

  リンク先ホームページアドレス
http://www3.u-toyama.ac.jp/kkarato/
  備考  

000064
戻る シラバストップへ戻る


富山大学 SYLLABUS
 2019年度 戻る シラバストップへ戻る
PDF生成
経済学研究科(修士課程)地域・経済政策専攻
授業科目名
計量経済学演習/Seminar for Econometrics  マイシラバス
英語名

Seminar for Econometrics 

担当教員

唐渡 広志(経済学部経済学科) 

授業科目区分

専門教育科目 地域専攻科目 

授業種別

演習科目 

COC+科目

開講学期

通年・月曜3限 

対象所属

経済学研究科(修士課程)地域・経済政策専攻/Graduate School of Economics ,経済学研究科(修士課程)企業経営専攻/Graduate School of Economics  

対象学生

1年、2年 

時間割コード

232300 

単位数

4単位 

2B1-38036-0270

最終更新日時

19/02/14 

オフィスアワー

  

更新日  

  

授業のねらいとカリキュラム上の位置付け

計量経済モデルの理論的な研究や応用を行う。古典的線形回帰モデル,非線形回帰モデル,固定効果/変量効果モデル,質的選択モデル,空間計量経済モデル,などに関する推定方法,推定量の性質,検定手法について吟味し,パソコンを利用した実習を行う。 

教育目標

  

達成目標

代表的な計量経済分析の手法を習得する。 

授業計画

第1回:線形回帰モデル
第2回:最小2乗推定量の性質-1
第3回:最小2乗推定量の性質-2
第4回:仮説検定とモデル選択
第5回:制約付きモデルの検定
第6回:関数形と構造変化の検定
第7回:非線形最小2乗法
第8回:内生性と操作変数法-1
第9回:内生性と操作変数法-2
第10回:一般化最小2乗法
第11回:システム推定
第12回:固定効果モデルと変量効果モデル-1
第13回:固定効果モデルと変量効果モデル-2
第14回:固定効果モデルと変量効果モデル3
第15回:最小距離推定とGMM-1
第16回:最小距離推定とGMM-2
第17回:最小距離推定とGMM-3
第18回:最尤法-1
第19回:最尤法-2
第20回:離散選択モデル1
第21回:離散選択モデル2
第22回:離散選択モデル3
第23回:制限従属変数-1
第24回:制限従属変数-2
第25回:系列相関と非定常データ-1
第26回:系列相関と非定常データ-2
第27回:空間計量経済分析-1
第28回:空間計量経済分析-2
第29回:空間計量経済分析-3
第30回:まとめ
 

授業時間外学修

分析手法の意味を理解すると同時に,パソコンで計算できるように訓練する。 

キーワード

最小2乗法,一般化最小2乗法,パネルデータ分析,操作変数法,一般化積率法,最尤法,離散選択モデル,空間計量経済学 

履修上の注意

  

成績評価の方法

レポート提出(100%) 

図書館蔵書検索

・Greene,W.H.,(2011),Econometric Analysis,7th.ed., Prentice Hall. \5000
・Wooldridge,J.M.,(2001), Econometric Analysis of Cross Section and Panel Data,MIT Press.\5000
・Baltagi, B. H., (2009), A Companion to Econometric Analysis of Panel Data, Wiley.\5000
・LeSage, J. and R. K. Pace (2009), Introduction to Spatial Econometrics, AChapman & Hall Books.\5000
 

関連科目

計量経済学特殊研究 

リンク先ホームページアドレス

http://www3.u-toyama.ac.jp/kkarato/ 

備考

  



戻る シラバストップへ戻る
PDF生成 マイシラバスリスト

ページの先頭へ