UNIVERSITY OF TOYAMA SYLLABUS 富山大学
2019年度 授業案内
戻る シラバストップへ戻る
>> 経済学研究科(修士課程)地域・経済政策専攻
  授業科目名
東アジアの経済開発演習 マイシラバス
  (英文名)
Seminar for Economic Development inEast Asia
  担当教員(所属)
金 奉吉(経済学部)
  授業科目区分
専門教育科目 地域専攻科目
  授業種別
演習科目
  COC+科目
-
  開講学期
通年・火曜4限
  対象所属
地域・経済政策専攻、企業経営専攻
  対象学年
1、2年
  時間割コード
232230
  単位数
4単位
  ナンバリングコード
2B1-38046-0270
  最終更新日時
19/02/14

  オフィスアワー(自由質問時間)
 

  リアルタイム・アドバイス:更新日   
 

  授業のねらいとカリキュラム上の位置付け(一般学習目標)
最近の世界経済は、グローバリズムとリージョナリズムの同時並行的に進行しているなかで相互依存度がますます高まっております。
とりわけ、2008年世界金融危機以降、新保護主義と貿易摩擦が強まりつつあるなかで、地域ごとに、どの国の主導の下、どのようなルールや規範に基づいた地域制度を形成し(制度的統合)、それを通じてどのような地域秩序の構築を目指す戦略のかについて戦略的政治的覇権競争が激しくなりつつある。
また、先進国と途上国との経済格差がますます広まるなかで、最近の発展途上国は、対外債務、通貨危機、環境問題、新保護主義、グローバリズムとリージョナリズムなどの荒波に飲み込まれ、かつて日本、韓国、中国などの東アジア諸国が謳歌した高度成長時代とは異なる対外環境の下で経済発展を進めなければならなく、経済開発の課題が一層増大しています。
このような状況を踏まえて、本演習では、開発途上国の構造的特徴、貧困・不平等問題、人口・失業問題、工業化政策、開発と環境問題、国際貿易・投資と開発、政府開発援助、そして、新保護主義の台頭とFTAなど地域主義など発展途上国を取り巻く世界経済環境の急変が途上国の経済開発に与える影響など開発経済学における根源的な課題を中心に学びます。
特に今年度の演習では、国際経済及び競争環境の変化、域内分業・貿易構造の変化が域内発展途上国の経済開発政策に与える影響、企業のバリューチェーンに与える影響などに焦点を当てます。発展途上国における経済開発の問題は制度的、構造的な観点(非経済的観点)と経済的な観点から扱う必要があるとの認識に基づいて、関連理論と現実的かつ制度的な分析の合体を試みます。
また、各自の関心テーマと関連して、関連ジャーナルや文献調査と研究発表を同時並行的に行います。


  教育目標
 

  達成目標
経済開発及び東アジア経済について全体的理解度及び地政学的・経済学的分析能力を高めることです。それを踏まえて各自の関心テーマと関連した基本的な経済学理論と理論的枠組、関連データの加工と分析、解釈能力など修士論文作成と関連した基本的なことを身に付けることです。

  授業計画(授業の形式、スケジュール等)
まず、基本的には幾つかの開発経済学の専門書の精読を行い、経済開発と関連した分析の視点・手法や政策立案などを備えるために必要な開発経済学の基礎と応用を学びます。後期からは、各自の研究テーマと関連する文献サーベイ及びディスカッションを中心に進めていきます。
<前学期>
第1回 〜5回:東アジア経済と関連した文献の輪読報告・討論
第6回 〜10回:経済開発政策と関連した文献の輪読報告・討論
第11回〜15回:地域経済統合と関連した文献の輪読報告・討論
<後学期>
第16回〜20回:各自の研究テーマと関連した文献サーベイと発表
第20回〜30回:論文テーマの確定と報告・討論


  授業時間外学修
・参考文献及び事前に配布した資料を用いて次回の授業内容について理解すること

  キーワード
経済開発、工業化政策、国際貿易・投資、新保護主義、貿易摩擦、グローバリズム、リージョナリズム、地域貿易協定(FTA/EPA)、巨大FTA、FTAAP、東アジア共同体、国際生産ネットワーク、サプライ・チェーン

  履修上の注意
 

  成績評価の方法
小論文やレポート(50%)、演習での発表や発言(50%)などを総合的に考慮して評価します。

  教科書・参考書等    図書館蔵書検索
<参考文献>
廣田功・加賀美充洋(2014)『東アジアにおける経済統合と共同体』日本経済評論社
馬田啓一・浦田秀次郎・木村福成 『日本のTPP戦略』文眞堂 2012年。
渡辺頼純 『TPP参加という決断』 ウエッジ、2011年。
阿部一知・浦田秀次郎・NIRA 編(2008)『日中韓FTA』日本経済評論社
平塚大祐編(2006)『東アジアの挑戦―経済統合・構造改革・制度構築―』アジア経済研究
 所
Kartik Roy, Hans Blomqvist and Cal Clark(2012), Economic Development in China, India, East Asia, Edward Elgar.
Rechard Pomfret(2011), Regionalism in East Asia, World Scientific.
Jehoon Park, T.J. Tempel, Heungchong Kim(2011), Regionalism, Economic Integration and Security in Asia, Edward Elgar.
Ahn-Choong Yong, Baldwin, Richard E., Cheong-inkyo(2005), East Asian Economic Regionalism, Netherlands, Springer.
Richard Grabowski, Sharmistha Self, Michael P. Shields(2007), Economic Development M.E. Sharpe, Inc.


  関連科目
 

  リンク先ホームページアドレス
 
  備考  

000045
戻る シラバストップへ戻る


富山大学 SYLLABUS
 2019年度 戻る シラバストップへ戻る
PDF生成
経済学研究科(修士課程)地域・経済政策専攻
授業科目名
東アジアの経済開発演習  マイシラバス
英語名

Seminar for Economic Development inEast Asia 

担当教員

金 奉吉(経済学部) 

授業科目区分

専門教育科目 地域専攻科目 

授業種別

演習科目 

COC+科目

開講学期

通年・火曜4限 

対象所属

地域・経済政策専攻、企業経営専攻 

対象学生

1、2年 

時間割コード

232230 

単位数

4単位 

2B1-38046-0270

最終更新日時

19/02/14 

オフィスアワー

  

更新日  

  

授業のねらいとカリキュラム上の位置付け

最近の世界経済は、グローバリズムとリージョナリズムの同時並行的に進行しているなかで相互依存度がますます高まっております。
とりわけ、2008年世界金融危機以降、新保護主義と貿易摩擦が強まりつつあるなかで、地域ごとに、どの国の主導の下、どのようなルールや規範に基づいた地域制度を形成し(制度的統合)、それを通じてどのような地域秩序の構築を目指す戦略のかについて戦略的政治的覇権競争が激しくなりつつある。
また、先進国と途上国との経済格差がますます広まるなかで、最近の発展途上国は、対外債務、通貨危機、環境問題、新保護主義、グローバリズムとリージョナリズムなどの荒波に飲み込まれ、かつて日本、韓国、中国などの東アジア諸国が謳歌した高度成長時代とは異なる対外環境の下で経済発展を進めなければならなく、経済開発の課題が一層増大しています。
このような状況を踏まえて、本演習では、開発途上国の構造的特徴、貧困・不平等問題、人口・失業問題、工業化政策、開発と環境問題、国際貿易・投資と開発、政府開発援助、そして、新保護主義の台頭とFTAなど地域主義など発展途上国を取り巻く世界経済環境の急変が途上国の経済開発に与える影響など開発経済学における根源的な課題を中心に学びます。
特に今年度の演習では、国際経済及び競争環境の変化、域内分業・貿易構造の変化が域内発展途上国の経済開発政策に与える影響、企業のバリューチェーンに与える影響などに焦点を当てます。発展途上国における経済開発の問題は制度的、構造的な観点(非経済的観点)と経済的な観点から扱う必要があるとの認識に基づいて、関連理論と現実的かつ制度的な分析の合体を試みます。
また、各自の関心テーマと関連して、関連ジャーナルや文献調査と研究発表を同時並行的に行います。
 

教育目標

  

達成目標

経済開発及び東アジア経済について全体的理解度及び地政学的・経済学的分析能力を高めることです。それを踏まえて各自の関心テーマと関連した基本的な経済学理論と理論的枠組、関連データの加工と分析、解釈能力など修士論文作成と関連した基本的なことを身に付けることです。 

授業計画

まず、基本的には幾つかの開発経済学の専門書の精読を行い、経済開発と関連した分析の視点・手法や政策立案などを備えるために必要な開発経済学の基礎と応用を学びます。後期からは、各自の研究テーマと関連する文献サーベイ及びディスカッションを中心に進めていきます。
<前学期>
第1回 〜5回:東アジア経済と関連した文献の輪読報告・討論
第6回 〜10回:経済開発政策と関連した文献の輪読報告・討論
第11回〜15回:地域経済統合と関連した文献の輪読報告・討論
<後学期>
第16回〜20回:各自の研究テーマと関連した文献サーベイと発表
第20回〜30回:論文テーマの確定と報告・討論
 

授業時間外学修

・参考文献及び事前に配布した資料を用いて次回の授業内容について理解すること 

キーワード

経済開発、工業化政策、国際貿易・投資、新保護主義、貿易摩擦、グローバリズム、リージョナリズム、地域貿易協定(FTA/EPA)、巨大FTA、FTAAP、東アジア共同体、国際生産ネットワーク、サプライ・チェーン 

履修上の注意

  

成績評価の方法

小論文やレポート(50%)、演習での発表や発言(50%)などを総合的に考慮して評価します。 

図書館蔵書検索

<参考文献>
廣田功・加賀美充洋(2014)『東アジアにおける経済統合と共同体』日本経済評論社
馬田啓一・浦田秀次郎・木村福成 『日本のTPP戦略』文眞堂 2012年。
渡辺頼純 『TPP参加という決断』 ウエッジ、2011年。
阿部一知・浦田秀次郎・NIRA 編(2008)『日中韓FTA』日本経済評論社
平塚大祐編(2006)『東アジアの挑戦―経済統合・構造改革・制度構築―』アジア経済研究
 所
Kartik Roy, Hans Blomqvist and Cal Clark(2012), Economic Development in China, India, East Asia, Edward Elgar.
Rechard Pomfret(2011), Regionalism in East Asia, World Scientific.
Jehoon Park, T.J. Tempel, Heungchong Kim(2011), Regionalism, Economic Integration and Security in Asia, Edward Elgar.
Ahn-Choong Yong, Baldwin, Richard E., Cheong-inkyo(2005), East Asian Economic Regionalism, Netherlands, Springer.
Richard Grabowski, Sharmistha Self, Michael P. Shields(2007), Economic Development M.E. Sharpe, Inc.
 

関連科目

  

リンク先ホームページアドレス

  

備考

  



戻る シラバストップへ戻る
PDF生成 マイシラバスリスト

ページの先頭へ