UNIVERSITY OF TOYAMA SYLLABUS 富山大学
2019年度 授業案内
戻る シラバストップへ戻る
>> 経済学研究科(修士課程)企業経営専攻
  授業科目名
国際取引の法と心理特殊研究 マイシラバス
  (英文名)

  担当教員(所属)
立石 孝夫(経済学部)
  授業科目区分
専門教育科目 企業専攻科目
  授業種別
講義科目
  COC+科目
-
  開講学期
後期・火曜4限
  対象所属
地域・経済政策専攻、企業経営専攻
  対象学年
1、2年
  時間割コード
231860
  単位数
2単位
  ナンバリングコード
2B2-36036-0160
  最終更新日時
19/03/22

  オフィスアワー(自由質問時間)
 

  リアルタイム・アドバイス:更新日   
 

  授業のねらいとカリキュラム上の位置付け(一般学習目標)
 人の行動とくに国際的な取引の裏にある心理を分析し、対立の構造やトラブルの原因を探ってゆく。行動や取引はふつう法と経済という環境に影響を受けるが、この環境は国際的に大いに異なる。こうした問題を心理学的に分析し直し、紛争やジレンマを回避する方策を研究する。
 この視点から、国による法制の違いが取引にどのように反映されるか、そうした違いが国際的な取引ではどのような問題となって表れるか、それを解消するにはどうすればよいかなどを考える。


  教育目標
 

  達成目標
・行動や取引の根底にある人の心理を理解している
・そうした人の心理と法や経済がどのように関わるかを考える力がある


  授業計画(授業の形式、スケジュール等)
 参加者は、取引を行う際の人の心理について、これまでに実証されたさまざまな心理学理論を調査研究し、発表する。それに基づいて、法や約束を守る心構えに国際的な違いがあるのか、国際的な交流や取引でトラブルの原因になるものは何か、などについて、参加者全員で議論する。
第1回:研究成果の発表と討論。教員からの補足解説。
第2回:研究成果の発表と討論。教員からの補足解説。
第3回:研究成果の発表と討論。教員からの補足解説。
第4回:研究成果の発表と討論。教員からの補足解説。
第5回:研究成果の発表と討論。教員からの補足解説。
第6回:研究成果の発表と討論。教員からの補足解説。
第7回:研究成果の発表と討論。教員からの補足解説。
第8回:研究成果の発表と討論。教員からの補足解説。
第9回:研究成果の発表と討論。教員からの補足解説。
第10回:研究成果の発表と討論。教員からの補足解説。
第11回:研究成果の発表と討論。教員からの補足解説。
第12回:研究成果の発表と討論。教員からの補足解説。
第13回:研究成果の発表と討論。教員からの補足解説。
第14回:研究成果の発表と討論。教員からの補足解説。
第15回:研究成果の発表と討論。教員からの補足解説。


  授業時間外学修
・次回の研究発表の内容を把握するために、教科書やレジュメを読んでおく
・授業中は内容を自分なりにノートにまとめ、授業後にノートを読み返して考えを整理する


  キーワード
法と心理学・法と経済学・紛争回避学

  履修上の注意
 国際的な心理の相違、企業のリスク管理や効率的な紛争解決に興味があり、積極的に発言できる方を募集。ただし、正当な理由なく3回以上欠席すると単位は認定されない。

  成績評価の方法
達成目標1:50%、達成目標2:50%。それぞれの目標について、発表内容(50%)・発言(30%)・積極性(20%)を評価する。評価基準は、問題を分析し、解決策を見出そうとしているか、論理的な構成により他者に理解させる内容になっているか、により評価する。授業態度(私語・携帯電話の使用など)によっては10%を限度として減点する。

  教科書・参考書等    図書館蔵書検索
テキストとして、立石孝夫『法と経済の心理学V』(大学教育出版、2014年、2380円)を使う。

  関連科目
 

  リンク先ホームページアドレス
 
  備考  

000049
戻る シラバストップへ戻る


富山大学 SYLLABUS
 2019年度 戻る シラバストップへ戻る
PDF生成
経済学研究科(修士課程)企業経営専攻
授業科目名
国際取引の法と心理特殊研究  マイシラバス
英語名

 

担当教員

立石 孝夫(経済学部) 

授業科目区分

専門教育科目 企業専攻科目 

授業種別

講義科目 

COC+科目

開講学期

後期・火曜4限 

対象所属

地域・経済政策専攻、企業経営専攻 

対象学生

1、2年 

時間割コード

231860 

単位数

2単位 

2B2-36036-0160

最終更新日時

19/03/22 

オフィスアワー

  

更新日  

  

授業のねらいとカリキュラム上の位置付け

 人の行動とくに国際的な取引の裏にある心理を分析し、対立の構造やトラブルの原因を探ってゆく。行動や取引はふつう法と経済という環境に影響を受けるが、この環境は国際的に大いに異なる。こうした問題を心理学的に分析し直し、紛争やジレンマを回避する方策を研究する。
 この視点から、国による法制の違いが取引にどのように反映されるか、そうした違いが国際的な取引ではどのような問題となって表れるか、それを解消するにはどうすればよいかなどを考える。
 

教育目標

  

達成目標

・行動や取引の根底にある人の心理を理解している
・そうした人の心理と法や経済がどのように関わるかを考える力がある
 

授業計画

 参加者は、取引を行う際の人の心理について、これまでに実証されたさまざまな心理学理論を調査研究し、発表する。それに基づいて、法や約束を守る心構えに国際的な違いがあるのか、国際的な交流や取引でトラブルの原因になるものは何か、などについて、参加者全員で議論する。
第1回:研究成果の発表と討論。教員からの補足解説。
第2回:研究成果の発表と討論。教員からの補足解説。
第3回:研究成果の発表と討論。教員からの補足解説。
第4回:研究成果の発表と討論。教員からの補足解説。
第5回:研究成果の発表と討論。教員からの補足解説。
第6回:研究成果の発表と討論。教員からの補足解説。
第7回:研究成果の発表と討論。教員からの補足解説。
第8回:研究成果の発表と討論。教員からの補足解説。
第9回:研究成果の発表と討論。教員からの補足解説。
第10回:研究成果の発表と討論。教員からの補足解説。
第11回:研究成果の発表と討論。教員からの補足解説。
第12回:研究成果の発表と討論。教員からの補足解説。
第13回:研究成果の発表と討論。教員からの補足解説。
第14回:研究成果の発表と討論。教員からの補足解説。
第15回:研究成果の発表と討論。教員からの補足解説。
 

授業時間外学修

・次回の研究発表の内容を把握するために、教科書やレジュメを読んでおく
・授業中は内容を自分なりにノートにまとめ、授業後にノートを読み返して考えを整理する
 

キーワード

法と心理学・法と経済学・紛争回避学 

履修上の注意

 国際的な心理の相違、企業のリスク管理や効率的な紛争解決に興味があり、積極的に発言できる方を募集。ただし、正当な理由なく3回以上欠席すると単位は認定されない。 

成績評価の方法

達成目標1:50%、達成目標2:50%。それぞれの目標について、発表内容(50%)・発言(30%)・積極性(20%)を評価する。評価基準は、問題を分析し、解決策を見出そうとしているか、論理的な構成により他者に理解させる内容になっているか、により評価する。授業態度(私語・携帯電話の使用など)によっては10%を限度として減点する。 

図書館蔵書検索

テキストとして、立石孝夫『法と経済の心理学V』(大学教育出版、2014年、2380円)を使う。 

関連科目

  

リンク先ホームページアドレス

  

備考

  



戻る シラバストップへ戻る
PDF生成 マイシラバスリスト

ページの先頭へ