UNIVERSITY OF TOYAMA SYLLABUS 富山大学
2019年度 授業案内
戻る シラバストップへ戻る
>> 経済学研究科(修士課程)企業経営専攻
  授業科目名
コストマネジメント特殊研究 マイシラバス
  (英文名)
Special Study of Cost Management
  担当教員(所属)
真部 典久(経済学部)
  授業科目区分
専門教育科目 企業専攻科目
  授業種別
講義科目
  COC+科目
-
  開講学期
前期・月曜4限
  対象所属
地域・経済政策専攻、企業経営専攻
  対象学年
1、2年
  時間割コード
231540
  単位数
2単位
  ナンバリングコード
2B2-39036-0760
  最終更新日時
19/03/04

  オフィスアワー(自由質問時間)
 

  リアルタイム・アドバイス:更新日   
 

  授業のねらいとカリキュラム上の位置付け(一般学習目標)
企業等の組織が効率的・効果的に目標を達成するためには,個々の組織成員の行動を,組織目標の達成へと結び付ける仕掛け,すなわちマネジメント・コントロール・システム(management control systems)が不可欠です。本特殊研究では,専門書の検討を通じてマネジメント・コントロール・システムの基本的な考え方を習得するとともに,効果的なマネジメント・コントロール・システムの要件(デザイン,運用方法等)について検討します。

  教育目標
 

  達成目標
・マネジメント・コントロール・システムの基本的な考え方を説明できるようになること。
・効果的なマネジメント・コントロール・システムのデザインや運用方法について説明できるようになること。


  授業計画(授業の形式、スケジュール等)
授業計画
第01回:ガイダンス
第02回:専門書の報告とディスカッション
第03回:専門書の報告とディスカッション
第04回:専門書の報告とディスカッション
第05回:専門書の報告とディスカッション
第06回:専門書の報告とディスカッション
第07回:専門書の報告とディスカッション
第08回:専門書の報告とディスカッション
第09回:専門書の報告とディスカッション
第10回:専門書の報告とディスカッション
第11回:専門書の報告とディスカッション
第12回:専門書の報告とディスカッション
第13回:専門書の報告とディスカッション
第14回:専門書の報告とディスカッション
第15回:まとめ
(第1回目の授業で,報告担当箇所を受講者に割り振ります。)


  授業時間外学修
授業時に受講者全員にコメントを求めるので,各回のテキストの範囲の内容を熟読し整理しておくこと。

  キーワード
 

  履修上の注意
学部レベルの管理会計の知識を有していることを履修の条件とします。

  成績評価の方法
授業中の態度・研究への姿勢(報告の内容と発言)(30%)と課題レポート(70%)により評価します。

  教科書・参考書等    図書館蔵書検索
開講時に提示する。

  関連科目
 

  リンク先ホームページアドレス
 
  備考  

000110
戻る シラバストップへ戻る


富山大学 SYLLABUS
 2019年度 戻る シラバストップへ戻る
PDF生成
経済学研究科(修士課程)企業経営専攻
授業科目名
コストマネジメント特殊研究  マイシラバス
英語名

Special Study of Cost Management 

担当教員

真部 典久(経済学部) 

授業科目区分

専門教育科目 企業専攻科目 

授業種別

講義科目 

COC+科目

開講学期

前期・月曜4限 

対象所属

地域・経済政策専攻、企業経営専攻 

対象学生

1、2年 

時間割コード

231540 

単位数

2単位 

2B2-39036-0760

最終更新日時

19/03/04 

オフィスアワー

  

更新日  

  

授業のねらいとカリキュラム上の位置付け

企業等の組織が効率的・効果的に目標を達成するためには,個々の組織成員の行動を,組織目標の達成へと結び付ける仕掛け,すなわちマネジメント・コントロール・システム(management control systems)が不可欠です。本特殊研究では,専門書の検討を通じてマネジメント・コントロール・システムの基本的な考え方を習得するとともに,効果的なマネジメント・コントロール・システムの要件(デザイン,運用方法等)について検討します。 

教育目標

  

達成目標

・マネジメント・コントロール・システムの基本的な考え方を説明できるようになること。
・効果的なマネジメント・コントロール・システムのデザインや運用方法について説明できるようになること。 

授業計画

授業計画
第01回:ガイダンス
第02回:専門書の報告とディスカッション
第03回:専門書の報告とディスカッション
第04回:専門書の報告とディスカッション
第05回:専門書の報告とディスカッション
第06回:専門書の報告とディスカッション
第07回:専門書の報告とディスカッション
第08回:専門書の報告とディスカッション
第09回:専門書の報告とディスカッション
第10回:専門書の報告とディスカッション
第11回:専門書の報告とディスカッション
第12回:専門書の報告とディスカッション
第13回:専門書の報告とディスカッション
第14回:専門書の報告とディスカッション
第15回:まとめ
(第1回目の授業で,報告担当箇所を受講者に割り振ります。) 

授業時間外学修

授業時に受講者全員にコメントを求めるので,各回のテキストの範囲の内容を熟読し整理しておくこと。 

キーワード

  

履修上の注意

学部レベルの管理会計の知識を有していることを履修の条件とします。 

成績評価の方法

授業中の態度・研究への姿勢(報告の内容と発言)(30%)と課題レポート(70%)により評価します。 

図書館蔵書検索

開講時に提示する。 

関連科目

  

リンク先ホームページアドレス

  

備考

  



戻る シラバストップへ戻る
PDF生成 マイシラバスリスト

ページの先頭へ