UNIVERSITY OF TOYAMA SYLLABUS 富山大学
2019年度 授業案内
戻る シラバストップへ戻る
>> 経済学部
  授業科目名
入門ゼミナール マイシラバス
  (英文名)
Introductory Seminar
  担当教員(所属)
上東 正和(経済学部)
  授業科目区分
専門教育科目 選択科目・共通(昼)
  授業種別
演習科目
  COC+科目
-
  開講学期
後期・金曜3限
  対象所属
 
  対象学年
1年
  時間割コード
139440
  単位数
2単位
  ナンバリングコード
1B9-90019-0100
  最終更新日時
19/02/25

  オフィスアワー(自由質問時間)
 

  リアルタイム・アドバイス:更新日   
 

  授業のねらいとカリキュラム上の位置付け(一般学習目標)
入門ゼミナールでは,学術的文書を読み書きするための基本的知識・技能を修得すると共にプレゼンテーションする能力を身につける。入門ゼミを出発点として,学術的文献を読み,自分の意見や考えを文書にする,あるいは口頭でプレゼンテーションする方法を学び、基礎ゼミナール、専門ゼミナールおよびその他の全ての科目、さらには社会にでてからも必須となる知識・技能を身につけてください。

  教育目標
 

  達成目標
 入門ゼミナールでは,各自が興味のあるテーマを設定し,研究資料・データを収集・分析し,結果を発表する能力を身につけることを目標とする。そのため読むための基本技術の修得,書くための基本技術・マナーの修得,研究課題の発見,文献資料収集の仕方,レポート・発表用レジュメの作成方法,プレゼンテーションの仕方などについて学ぶ。
 上記にあわせて、経済学部 経営学科ではどのような専門科目が設置されているかについての幅広い認識をもち、自らの進路をも勘案して、今後の履修計画をたててもらうことも促したい。


  授業計画(授業の形式、スケジュール等)
(1)学術的文献の購読
(2)各自の研究課題の設定
(3)文献資料収集
(3)レポート・発表用レジュメの作成
(4)プレゼンテーション
 上記のような内容について学習する際には、情報化時代のニーズに対応させて、Wordによる文書作成、インターネットによる研究資料収集の仕方、PowerPointによるプレゼンテーションの仕方などについても合わせて身につけてもらう。


  授業時間外学修
自分の興味のもてるテーマについてレポートを作成してもらう。

  キーワード
文献資料収集,学術的文献,プレゼンテーション

  履修上の注意
 

  成績評価の方法
出欠、レポート

  教科書・参考書等    図書館蔵書検索
適宜指示する

  関連科目
全ての科目

  リンク先ホームページアドレス
 
  備考  

000077
戻る シラバストップへ戻る


富山大学 SYLLABUS
 2019年度 戻る シラバストップへ戻る
PDF生成
経済学部
授業科目名
入門ゼミナール  マイシラバス
英語名

Introductory Seminar 

担当教員

上東 正和(経済学部) 

授業科目区分

専門教育科目 選択科目・共通(昼) 

授業種別

演習科目 

COC+科目

開講学期

後期・金曜3限 

対象所属

  

対象学生

1年 

時間割コード

139440 

単位数

2単位 

1B9-90019-0100

最終更新日時

19/02/25 

オフィスアワー

  

更新日  

  

授業のねらいとカリキュラム上の位置付け

入門ゼミナールでは,学術的文書を読み書きするための基本的知識・技能を修得すると共にプレゼンテーションする能力を身につける。入門ゼミを出発点として,学術的文献を読み,自分の意見や考えを文書にする,あるいは口頭でプレゼンテーションする方法を学び、基礎ゼミナール、専門ゼミナールおよびその他の全ての科目、さらには社会にでてからも必須となる知識・技能を身につけてください。 

教育目標

  

達成目標

 入門ゼミナールでは,各自が興味のあるテーマを設定し,研究資料・データを収集・分析し,結果を発表する能力を身につけることを目標とする。そのため読むための基本技術の修得,書くための基本技術・マナーの修得,研究課題の発見,文献資料収集の仕方,レポート・発表用レジュメの作成方法,プレゼンテーションの仕方などについて学ぶ。
 上記にあわせて、経済学部 経営学科ではどのような専門科目が設置されているかについての幅広い認識をもち、自らの進路をも勘案して、今後の履修計画をたててもらうことも促したい。 

授業計画

(1)学術的文献の購読
(2)各自の研究課題の設定
(3)文献資料収集
(3)レポート・発表用レジュメの作成
(4)プレゼンテーション
 上記のような内容について学習する際には、情報化時代のニーズに対応させて、Wordによる文書作成、インターネットによる研究資料収集の仕方、PowerPointによるプレゼンテーションの仕方などについても合わせて身につけてもらう。
 

授業時間外学修

自分の興味のもてるテーマについてレポートを作成してもらう。 

キーワード

文献資料収集,学術的文献,プレゼンテーション 

履修上の注意

  

成績評価の方法

出欠、レポート 

図書館蔵書検索

適宜指示する 

関連科目

全ての科目 

リンク先ホームページアドレス

  

備考

  



戻る シラバストップへ戻る
PDF生成 マイシラバスリスト

ページの先頭へ