UNIVERSITY OF TOYAMA SYLLABUS 富山大学
2019年度 授業案内
戻る シラバストップへ戻る
>> 経済学部
  授業科目名
専門ゼミナールT マイシラバス
  (英文名)
Special SeminarT
  担当教員(所属)
小寺 剛(経済学部)
  授業科目区分
専門教育科目 必修科目
  授業種別
演習科目
  COC+科目
-
  開講学期
後期・火曜7限
  対象所属

  対象学年
2年
  時間割コード
13526A
  単位数
2単位
  ナンバリングコード
 
  最終更新日時
19/02/13

  オフィスアワー(自由質問時間)
 

  リアルタイム・アドバイス:更新日   
 

  授業のねらいとカリキュラム上の位置付け(一般学習目標)
様々な経済現象や社会問題と,それに対する公的部門(政府・地方自治体)の関わり方について経済学的な視点から解釈・議論できるようになることを目的とします.そのためゼミでは,指定されたテキストについて毎回受講者の一人に内容のレジュメや要約スライドを用いてプレゼンをしてもらい,その後,受講者全員で議論を行います.テキストについては1回目の授業で受講者の関心などを基に決定します.

  教育目標
 

  達成目標
・経済現象・社会問題について最低限の知識とそれを経済学的に考える視点を養う.
・要約資料作成に必要なスキルを養う.
・プレゼンテーションのスキル・経験を養う.


  授業計画(授業の形式、スケジュール等)
第1回:ガイダンスおよびテキストの選定
第2-15回:担当者による発表および受講者全員による議論


  授業時間外学修
発表者は報告資料の作成をお願いします.発表者でない方も該当箇所を事前に必ず読んでおき,わからない点や自分の意見をあらかじめ準備しておいてください.

  キーワード
 

  履修上の注意
欠席に関してはくれぐれも事前の報告をお願いします(特に各回の発表担当者の場合).

  成績評価の方法
作成した資料とその発表,毎回の議論への寄与度を総合的に判断して評価します.

  教科書・参考書等    図書館蔵書検索
初回の授業で経済学や政策に関する複数の本の中から受講者と相談の上選定します.

  関連科目
公共経済学,財政学,ミクロ経済学,マクロ経済学,経済数学,社会政策

  リンク先ホームページアドレス
 
  備考  

000183
戻る シラバストップへ戻る


富山大学 SYLLABUS
 2019年度 戻る シラバストップへ戻る
PDF生成
経済学部
授業科目名
専門ゼミナールT  マイシラバス
英語名

Special SeminarT 

担当教員

小寺 剛(経済学部) 

授業科目区分

専門教育科目 必修科目 

授業種別

演習科目 

COC+科目

開講学期

後期・火曜7限 

対象所属

 

対象学生

2年 

時間割コード

13526A 

単位数

2単位 

 

最終更新日時

19/02/13 

オフィスアワー

  

更新日  

  

授業のねらいとカリキュラム上の位置付け

様々な経済現象や社会問題と,それに対する公的部門(政府・地方自治体)の関わり方について経済学的な視点から解釈・議論できるようになることを目的とします.そのためゼミでは,指定されたテキストについて毎回受講者の一人に内容のレジュメや要約スライドを用いてプレゼンをしてもらい,その後,受講者全員で議論を行います.テキストについては1回目の授業で受講者の関心などを基に決定します. 

教育目標

  

達成目標

・経済現象・社会問題について最低限の知識とそれを経済学的に考える視点を養う.
・要約資料作成に必要なスキルを養う.
・プレゼンテーションのスキル・経験を養う.
 

授業計画

第1回:ガイダンスおよびテキストの選定
第2-15回:担当者による発表および受講者全員による議論
 

授業時間外学修

発表者は報告資料の作成をお願いします.発表者でない方も該当箇所を事前に必ず読んでおき,わからない点や自分の意見をあらかじめ準備しておいてください. 

キーワード

  

履修上の注意

欠席に関してはくれぐれも事前の報告をお願いします(特に各回の発表担当者の場合). 

成績評価の方法

作成した資料とその発表,毎回の議論への寄与度を総合的に判断して評価します. 

図書館蔵書検索

初回の授業で経済学や政策に関する複数の本の中から受講者と相談の上選定します. 

関連科目

公共経済学,財政学,ミクロ経済学,マクロ経済学,経済数学,社会政策 

リンク先ホームページアドレス

  

備考

  



戻る シラバストップへ戻る
PDF生成 マイシラバスリスト

ページの先頭へ