UNIVERSITY OF TOYAMA SYLLABUS 富山大学
2019年度 授業案内
戻る シラバストップへ戻る
>> 経済学部
  授業科目名
専門ゼミナールT マイシラバス
  (英文名)
Special SeminarT
  担当教員(所属)
坂田 博美(経済学部)
  授業科目区分
専門教育科目 必修科目
  授業種別
演習科目
  COC+科目
-
  開講学期
後期・金曜2限
  対象所属

  対象学年
2年
  時間割コード
13256A
  単位数
2単位
  ナンバリングコード
 
  最終更新日時
19/02/15

  オフィスアワー(自由質問時間)
坂田 博美(木曜5限)

  リアルタイム・アドバイス:更新日   
 

  授業のねらいとカリキュラム上の位置付け(一般学習目標)
 本演習では、マーケティングと消費者行動を研究テーマとする。卒業論文では、身近にある企業のマーケティングについて関心を持ち、消費者のデータ収集をして、マーケティングの問題をどのように解決したらいいかを提案することが目的である。

  教育目標
 

  達成目標
 3年生では、2つの研究課題に取り組む。前学期では、マーケティングや消費者行動を学びながら、研究テーマを設定する。後学期では、実際にマーケティング・リサーチ実習を通じて、消費者行動やマーケティングについて理解する。その上で、卒業研究で取り上げる企業を決定する。

  授業計画(授業の形式、スケジュール等)
3年生:前学期は、テキストを読んで、1章ごとにA4で2枚のレジュメを作成し、発表する。毎回、1人ずつ発表する。発表後、ディスカッションを通じて、マーケティングや消費者行動を理解する。
第@回(10/17)イントロダクション(1)資料室の使い方
第A回(10/24)イントロダクション(2)図書館の使い方
第B回(10/01)「第1章 現代マーケティングと市場志向」発表
第C回(11/08)「第2章 企業戦略とマーケティング戦略」発表
第D回(11/15)「第3章 消費者行動分析の基本フレーム」発表
第E回(11/22)「第3章 消費者行動分析の基本フレーム」発表
第F回(11/29)「第5章 消費行動と消費パターンの分析」発表
第G回(12/05)「第5章 消費行動と消費パターンの分析」発表
第H回(12/12)卒業研究発表
第I回(12/19)「第6章 購買行動と意思決定プロセスの分析」発表
第J回(12/26)「第6章 購買行動と意思決定プロセスの分析」発表
第K回(01/03)「第8章 消費者データの収集と分析」発表
第L回(01/10)「第8章 消費者データの収集と分析」発表
第M回(01/17)「第9章 消費者行動把握における定性調査法」発表
第N回(01/24)レポート課題説明


  授業時間外学修
 事前学修として、テキストの発表に当たって、発表者以外も発表の該当箇所を読んでおくこと。提出したレポートが合格しない場合は、事後学修として再提出させることもある。

  キーワード
マーケティング、消費者行動、マーケティング・リサーチ

  履修上の注意
 無断欠席・遅刻をしないこと(遅刻・欠席の場合は事前に連絡すること)。授業中、飲食をしないこと。大学でのルールを守ること。積極的に発言すること。ノートを自分でつくること。リサーチのための問題を発見し、解決できる能力が必要とされる。

  成績評価の方法
平常点(発言と発表)50%、レポート50%により評価する。


  教科書・参考書等    図書館蔵書検索
教科書:
青木幸弘(2010)『消費者行動の知識』、日経文庫(日本経済新聞出版社)。価格:994円(本体:920円+税)


  関連科目
マーケティング論、消費者行動論

  リンク先ホームページアドレス
 
  備考  

000058
戻る シラバストップへ戻る


富山大学 SYLLABUS
 2019年度 戻る シラバストップへ戻る
PDF生成
経済学部
授業科目名
専門ゼミナールT  マイシラバス
英語名

Special SeminarT 

担当教員

坂田 博美(経済学部) 

授業科目区分

専門教育科目 必修科目 

授業種別

演習科目 

COC+科目

開講学期

後期・金曜2限 

対象所属

 

対象学生

2年 

時間割コード

13256A 

単位数

2単位 

 

最終更新日時

19/02/15 

オフィスアワー

坂田 博美(木曜5限) 

更新日  

  

授業のねらいとカリキュラム上の位置付け

 本演習では、マーケティングと消費者行動を研究テーマとする。卒業論文では、身近にある企業のマーケティングについて関心を持ち、消費者のデータ収集をして、マーケティングの問題をどのように解決したらいいかを提案することが目的である。 

教育目標

  

達成目標

 3年生では、2つの研究課題に取り組む。前学期では、マーケティングや消費者行動を学びながら、研究テーマを設定する。後学期では、実際にマーケティング・リサーチ実習を通じて、消費者行動やマーケティングについて理解する。その上で、卒業研究で取り上げる企業を決定する。 

授業計画

3年生:前学期は、テキストを読んで、1章ごとにA4で2枚のレジュメを作成し、発表する。毎回、1人ずつ発表する。発表後、ディスカッションを通じて、マーケティングや消費者行動を理解する。
第@回(10/17)イントロダクション(1)資料室の使い方
第A回(10/24)イントロダクション(2)図書館の使い方
第B回(10/01)「第1章 現代マーケティングと市場志向」発表
第C回(11/08)「第2章 企業戦略とマーケティング戦略」発表
第D回(11/15)「第3章 消費者行動分析の基本フレーム」発表
第E回(11/22)「第3章 消費者行動分析の基本フレーム」発表
第F回(11/29)「第5章 消費行動と消費パターンの分析」発表
第G回(12/05)「第5章 消費行動と消費パターンの分析」発表
第H回(12/12)卒業研究発表
第I回(12/19)「第6章 購買行動と意思決定プロセスの分析」発表
第J回(12/26)「第6章 購買行動と意思決定プロセスの分析」発表
第K回(01/03)「第8章 消費者データの収集と分析」発表
第L回(01/10)「第8章 消費者データの収集と分析」発表
第M回(01/17)「第9章 消費者行動把握における定性調査法」発表
第N回(01/24)レポート課題説明 

授業時間外学修

 事前学修として、テキストの発表に当たって、発表者以外も発表の該当箇所を読んでおくこと。提出したレポートが合格しない場合は、事後学修として再提出させることもある。 

キーワード

マーケティング、消費者行動、マーケティング・リサーチ 

履修上の注意

 無断欠席・遅刻をしないこと(遅刻・欠席の場合は事前に連絡すること)。授業中、飲食をしないこと。大学でのルールを守ること。積極的に発言すること。ノートを自分でつくること。リサーチのための問題を発見し、解決できる能力が必要とされる。 

成績評価の方法

平常点(発言と発表)50%、レポート50%により評価する。
 

図書館蔵書検索

教科書:
青木幸弘(2010)『消費者行動の知識』、日経文庫(日本経済新聞出版社)。価格:994円(本体:920円+税)
 

関連科目

マーケティング論、消費者行動論 

リンク先ホームページアドレス

  

備考

  



戻る シラバストップへ戻る
PDF生成 マイシラバスリスト

ページの先頭へ