UNIVERSITY OF TOYAMA SYLLABUS 富山大学
2019年度 授業案内
戻る シラバストップへ戻る
>> 経済学部
  授業科目名
専門ゼミナールT マイシラバス
  (英文名)
Special SeminarT
  担当教員(所属)
岩内 秀徳(経済学部)
  授業科目区分
専門教育科目 必修科目
  授業種別
演習科目
  COC+科目
-
  開講学期
後期・月曜4限
  対象所属

  対象学年
2年
  時間割コード
13237A
  単位数
2単位
  ナンバリングコード
 
  最終更新日時
19/01/25

  オフィスアワー(自由質問時間)
 

  リアルタイム・アドバイス:更新日   
 

  授業のねらいとカリキュラム上の位置付け(一般学習目標)
 日本企業が国際化、グローバル化するうえでの経営戦略、経営組織構造、海外子会社の運営、管理について学習する。海外子会社の運営、管理では、とりわけ国際マーケティング、海外生産、国際人事管理について学習する。

  教育目標
 

  達成目標
1.経営、経済の事柄についてのディスカション能力
2.企業研究に関する能力


  授業計画(授業の形式、スケジュール等)

   大別して、以下の事柄をテキスト、新聞などによって学習する。
   1日本企業の国際化(第1回〜第7回)
   2経済と経営とりわけ、経営環境と企業経営(第8回〜第15回)

   各人の就職活動を考慮しつつ、それぞれの業界状況およびその業界に属している企業の経営状況、国際化について学習し、それらについて討論をする事によって、企業説明会・セミナー・ガイダンスの後に、多くの企業で行われるグループワ−ク能力、グループディスカション能力をつけることを目的とする。


  授業時間外学修
ゼミの際、示した教科書、参考書などをゼミ前、ゼミ後で熟読することが望ましい。

  キーワード
 

  履修上の注意
元気で明るい人、静かだけど自分を持っている人、個性的な人、コンパが好きな人、飲めないけどバーの雰囲気が好きな人などを希望します。そして、国際経営および経営、経済についての学習を通じて、自分はいったいどのような人間なのか(自己分析)、そして自分はどのような仕事に就き、どのような生活をおくりたいのか(将来への模索、展望)、といった問題意識を自己のなかに少しでもいいから芽生えさせようという気持ちがある人を希望します。

  成績評価の方法
レジュメ、出席重視。

  教科書・参考書等    図書館蔵書検索
適宜指示する。

  関連科目
 

  リンク先ホームページアドレス
 
  備考  

000110
戻る シラバストップへ戻る


富山大学 SYLLABUS
 2019年度 戻る シラバストップへ戻る
PDF生成
経済学部
授業科目名
専門ゼミナールT  マイシラバス
英語名

Special SeminarT 

担当教員

岩内 秀徳(経済学部) 

授業科目区分

専門教育科目 必修科目 

授業種別

演習科目 

COC+科目

開講学期

後期・月曜4限 

対象所属

 

対象学生

2年 

時間割コード

13237A 

単位数

2単位 

 

最終更新日時

19/01/25 

オフィスアワー

  

更新日  

  

授業のねらいとカリキュラム上の位置付け

 日本企業が国際化、グローバル化するうえでの経営戦略、経営組織構造、海外子会社の運営、管理について学習する。海外子会社の運営、管理では、とりわけ国際マーケティング、海外生産、国際人事管理について学習する。  

教育目標

  

達成目標

1.経営、経済の事柄についてのディスカション能力
2.企業研究に関する能力 

授業計画


   大別して、以下の事柄をテキスト、新聞などによって学習する。
   1日本企業の国際化(第1回〜第7回)
   2経済と経営とりわけ、経営環境と企業経営(第8回〜第15回)

   各人の就職活動を考慮しつつ、それぞれの業界状況およびその業界に属している企業の経営状況、国際化について学習し、それらについて討論をする事によって、企業説明会・セミナー・ガイダンスの後に、多くの企業で行われるグループワ−ク能力、グループディスカション能力をつけることを目的とする。
 

授業時間外学修

ゼミの際、示した教科書、参考書などをゼミ前、ゼミ後で熟読することが望ましい。 

キーワード

  

履修上の注意

元気で明るい人、静かだけど自分を持っている人、個性的な人、コンパが好きな人、飲めないけどバーの雰囲気が好きな人などを希望します。そして、国際経営および経営、経済についての学習を通じて、自分はいったいどのような人間なのか(自己分析)、そして自分はどのような仕事に就き、どのような生活をおくりたいのか(将来への模索、展望)、といった問題意識を自己のなかに少しでもいいから芽生えさせようという気持ちがある人を希望します。  

成績評価の方法

レジュメ、出席重視。 

図書館蔵書検索

適宜指示する。 

関連科目

  

リンク先ホームページアドレス

  

備考

  



戻る シラバストップへ戻る
PDF生成 マイシラバスリスト

ページの先頭へ