UNIVERSITY OF TOYAMA SYLLABUS 富山大学
2019年度 授業案内
戻る シラバストップへ戻る
>> 経済学部
  授業科目名
専門ゼミナールT/Special SeminarT マイシラバス
  (英文名)
Special SeminarT
  担当教員(所属)
唐渡 広志(経済学部経済学科)
  授業科目区分
専門教育科目 必修科目
  授業種別
演習科目
  COC+科目
-
  開講学期
後期・月曜2限
  対象所属
経済学部
  対象学年
2年
  時間割コード
13230A
  単位数
2単位
  ナンバリングコード
 
  最終更新日時
19/02/14

  オフィスアワー(自由質問時間)
 

  リアルタイム・アドバイス:更新日   
 

  授業のねらいとカリキュラム上の位置付け(一般学習目標)
この授業の目的は,さまざまなデータを利用して社会,経済,地域の課題に関する実証分析の方法を身につけることです。

例として,次のような問題に統計的なアプローチを行います:
・人口が増えている地域と減っている地域の違いは何だろうか。
・地域間で所得(賃金)に格差が生じる理由は何だろうか。また,格差の中身は何だろうか。
・中心市街地の商店街が衰退した原因は何だろうか。やはり中心市街地は活性化させた方がいいのだろうか。
・都市の街並みに違いをもたらす要因は何だろうか,あるいは共通しているのはどのような点だろうか。
・住んでいる地域によって人々の幸福感に違いは生まれるだろうか。
・住む場所によって女性の労働参加率は異なるだろうか。異なるとすれば原因は何だろうか。

最終的には,興味のあるトピックを各自あるいはグループで選び,論文を一本完成させます。卒業論文につながる研究を行うことが目標です。


  教育目標
 

  達成目標
1. 社会で起きている事象について「経済学的」に考えられる力を身につける。
2. 自分の主張をデータで裏付ける技術と論理能力を身につける。
3. 調査,文献・資料収集の方法を身につける。
4. 適切な分析手法が選択できるようになる。
5. 効率的な発表とそのための準備ができるようになる。
6. アカデミックな文章の書き方をマスターする。

参考までに2018年3月,2019年3月の卒業生は次のような卒業論文を書きました。
・労働環境が結婚意欲に及ぼす影響についての分析
・日本の実写映画の評価要因分析
・富山県の持ち家率が全国1位である決定要因:都道府県別データによる分析
・北陸新幹線開通による土地価格への影響
・晩婚化の決定要因
・高齢者の就業とその決定要因
・富山県の女性就業率の決定要因
・出生行動の決定要因
・運動習慣と幸福度
・高校生の進路決定の要因
・都道府県集計データによるがん死亡率の要因分析
・政治知識とメディア利用と個人意識
・離婚の決定要因
・家庭環境が子供の非認知能力に及ぼす影響
・旅行行動の促進要因と阻害要因
・訪日観光客数の決定要因
・労働意欲高める要因についての実証分析
・年齢調整死亡率の都道府県比較分析
・居住地選択が幸福度に与える効果
・都道府県別失業率の決定要因
・富山県と東京都の熱中症患者数の比較
・主観的幸福度とメディア利用の関係


  授業計画(授業の形式、スケジュール等)
第2ー8回 ExcelやRを利用して統計分析の方法について勉強します。
第9-15回 アンケート調査データ,日本の都道府県・市区町村別データなどを題材に,統計分析の基本を学びます。


  授業時間外学修
授業時間外では以下のことを中心に学修する。
・授業で示されたキーワードについて,ハンドアウトや参考文献を利用して確認する。
・輪読や分析報告の前には十分に準備する。


  キーワード
データ解析,統計分析


  履修上の注意
[1] 以下の授業の単位を取得済みであること。
・入門ゼミナール
・基礎ゼミナール
・現代経済入門
・経済学入門
[2]
・統計学および計量経済学の単位を取得済みであること。または今年度・次年度に履修予定であること。

【そのほか】
・卒業生の進路は,地方公務員,金融・保険業,情報通信,卸・小売業,製造業など多様です。



  成績評価の方法
研究発表の内容と提出論文によって評価する。
・発表(50%) 達成目標1から5までそれぞれ10%で評価する。
・論文(50%) 達成目標6について50%で評価する。



  教科書・参考書等    図書館蔵書検索
第1回目の授業で配布する。


  関連科目
現代経済入門,経済学入門,ミクロ経済学I&II,マクロ経済学I&II,財政学,金融論,公共経済学,統計学,計量経済学,経済情報処理など


  リンク先ホームページアドレス
http://www3.u-toyama.ac.jp/kkarato/

  備考  

000188
戻る シラバストップへ戻る


富山大学 SYLLABUS
 2019年度 戻る シラバストップへ戻る
PDF生成
経済学部
授業科目名
専門ゼミナールT/Special SeminarT  マイシラバス
英語名

Special SeminarT 

担当教員

唐渡 広志(経済学部経済学科) 

授業科目区分

専門教育科目 必修科目 

授業種別

演習科目 

COC+科目

開講学期

後期・月曜2限 

対象所属

経済学部 

対象学生

2年 

時間割コード

13230A 

単位数

2単位 

 

最終更新日時

19/02/14 

オフィスアワー

  

更新日  

  

授業のねらいとカリキュラム上の位置付け

この授業の目的は,さまざまなデータを利用して社会,経済,地域の課題に関する実証分析の方法を身につけることです。

例として,次のような問題に統計的なアプローチを行います:
・人口が増えている地域と減っている地域の違いは何だろうか。
・地域間で所得(賃金)に格差が生じる理由は何だろうか。また,格差の中身は何だろうか。
・中心市街地の商店街が衰退した原因は何だろうか。やはり中心市街地は活性化させた方がいいのだろうか。
・都市の街並みに違いをもたらす要因は何だろうか,あるいは共通しているのはどのような点だろうか。
・住んでいる地域によって人々の幸福感に違いは生まれるだろうか。
・住む場所によって女性の労働参加率は異なるだろうか。異なるとすれば原因は何だろうか。

最終的には,興味のあるトピックを各自あるいはグループで選び,論文を一本完成させます。卒業論文につながる研究を行うことが目標です。
 

教育目標

  

達成目標

1. 社会で起きている事象について「経済学的」に考えられる力を身につける。
2. 自分の主張をデータで裏付ける技術と論理能力を身につける。
3. 調査,文献・資料収集の方法を身につける。
4. 適切な分析手法が選択できるようになる。
5. 効率的な発表とそのための準備ができるようになる。
6. アカデミックな文章の書き方をマスターする。

参考までに2018年3月,2019年3月の卒業生は次のような卒業論文を書きました。
・労働環境が結婚意欲に及ぼす影響についての分析
・日本の実写映画の評価要因分析
・富山県の持ち家率が全国1位である決定要因:都道府県別データによる分析
・北陸新幹線開通による土地価格への影響
・晩婚化の決定要因
・高齢者の就業とその決定要因
・富山県の女性就業率の決定要因
・出生行動の決定要因
・運動習慣と幸福度
・高校生の進路決定の要因
・都道府県集計データによるがん死亡率の要因分析
・政治知識とメディア利用と個人意識
・離婚の決定要因
・家庭環境が子供の非認知能力に及ぼす影響
・旅行行動の促進要因と阻害要因
・訪日観光客数の決定要因
・労働意欲高める要因についての実証分析
・年齢調整死亡率の都道府県比較分析
・居住地選択が幸福度に与える効果
・都道府県別失業率の決定要因
・富山県と東京都の熱中症患者数の比較
・主観的幸福度とメディア利用の関係
 

授業計画

第2ー8回 ExcelやRを利用して統計分析の方法について勉強します。
第9-15回 アンケート調査データ,日本の都道府県・市区町村別データなどを題材に,統計分析の基本を学びます。
 

授業時間外学修

授業時間外では以下のことを中心に学修する。
・授業で示されたキーワードについて,ハンドアウトや参考文献を利用して確認する。
・輪読や分析報告の前には十分に準備する。
 

キーワード

データ解析,統計分析
 

履修上の注意

[1] 以下の授業の単位を取得済みであること。
・入門ゼミナール
・基礎ゼミナール
・現代経済入門
・経済学入門
[2]
・統計学および計量経済学の単位を取得済みであること。または今年度・次年度に履修予定であること。

【そのほか】
・卒業生の進路は,地方公務員,金融・保険業,情報通信,卸・小売業,製造業など多様です。

 

成績評価の方法

研究発表の内容と提出論文によって評価する。
・発表(50%) 達成目標1から5までそれぞれ10%で評価する。
・論文(50%) 達成目標6について50%で評価する。

 

図書館蔵書検索

第1回目の授業で配布する。
 

関連科目

現代経済入門,経済学入門,ミクロ経済学I&II,マクロ経済学I&II,財政学,金融論,公共経済学,統計学,計量経済学,経済情報処理など
 

リンク先ホームページアドレス

http://www3.u-toyama.ac.jp/kkarato/
 

備考

  



戻る シラバストップへ戻る
PDF生成 マイシラバスリスト

ページの先頭へ