UNIVERSITY OF TOYAMA SYLLABUS 富山大学
2019年度 授業案内
戻る シラバストップへ戻る
>> 経済学部
  授業科目名
基礎ゼミナール マイシラバス
  (英文名)
Basic Seminar
  担当教員(所属)
金 奉吉(経済学部)
  授業科目区分
専門教育科目 必修科目
  授業種別
演習科目
  COC+科目
-
  開講学期
前期・木曜2限
  対象所属
経済学科、経営学科
  対象学年
2、3、4年
  時間割コード
132230
  単位数
2単位
  ナンバリングコード
 
  最終更新日時
19/02/14

  オフィスアワー(自由質問時間)
 

  リアルタイム・アドバイス:更新日   
 

  授業のねらいとカリキュラム上の位置付け(一般学習目標)
大学では、試験・レポート・卒業論文等でアカデミックな文章作法を行う必要があります。また、書くことと読むことは切り離すことのできない知的作業です。
本演習では、まず基本的な経済・社会問題や論点について理解するための経済学の基礎的知識を学びます。そのため、基本的なテキストを選んで勉強していきます。
なお、3年生・4年生になって、専門演習や卒業論文を作成する際に必要となる文献の検索・資料収集、レポートの書き方、発表のやり方などの基礎的能力の習得も併行します。
したがって、基礎ゼミでは、専門分野を学ぶための経済的基礎知識を学ぶとともに読解力、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力、ITスキルなどを身に付けることを優先課題とします。


  教育目標
 

  達成目標
基礎演習では、発表やディスカッションのやり方についての基本を身に付けることを第一の目的とします。
まず、読解力、文書・図表の理解とプレゼンテーション能力、コミュニケーション能力、ITスキルを高めることです。
次に、経済学の基本知識を学ぶとともに、その上、経済・社会問題や論点と関連したテーマを決め、関連資料や統計の収集、そして、論点の整理ができる能力を身に付けることです。


  授業計画(授業の形式、スケジュール等)
適宜なテキストを決め、演習参加者全員が精読し、発表と質疑討論を中心に進めていきます。つまり、テキストの内容は演習でのディスカッションを通じて全員が完全に理解できるようにします。
また、資料収集、レジュメ・レポートの作成、プレゼンテーション及びコミュニケーション能力、ITスキルについての基本的な内容について学びます。
なお、随時各テーマと関連する簡単なレポートを課し、それを中心にディスカッションを行います。
第1回:ガイダンス、演習概要と年間研究スケジュール、文献紹介など
第2回〜10回:基本テキストの の輪読・発表
第11回〜15回:資料及びデータの収集・レポートの作成などの基礎知識習得


  授業時間外学修
演習での議論に積極的に参加できるように参考文献及び事前に配布した資料を用いて次回の授業内容について理解しておくことが大事です。

  キーワード
 

  履修上の注意
基礎演習では、発表やディスカッションのやり方についての基本を身に付けることを第一の目的とします。従って、まず、基礎演習には必ず参加すること、そして演習での議論に積極的に参加することが大事です。演習で一言も発言しないことは欠席と同様です。

  成績評価の方法
普段のゼミナールでの報告、議論への参加度(50%)、レポート(50%)などを総合して評価します。

  教科書・参考書等    図書館蔵書検索
渡邉修士・川出真清編著(2014)『大学と経済学部の学びの技法』新世社
伊藤元重(2015) 『入門経済学』日本評論社


  関連科目
 

  リンク先ホームページアドレス
 
  備考  

000064
戻る シラバストップへ戻る


富山大学 SYLLABUS
 2019年度 戻る シラバストップへ戻る
PDF生成
経済学部
授業科目名
基礎ゼミナール  マイシラバス
英語名

Basic Seminar 

担当教員

金 奉吉(経済学部) 

授業科目区分

専門教育科目 必修科目 

授業種別

演習科目 

COC+科目

開講学期

前期・木曜2限 

対象所属

経済学科、経営学科 

対象学生

2、3、4年 

時間割コード

132230 

単位数

2単位 

 

最終更新日時

19/02/14 

オフィスアワー

  

更新日  

  

授業のねらいとカリキュラム上の位置付け

大学では、試験・レポート・卒業論文等でアカデミックな文章作法を行う必要があります。また、書くことと読むことは切り離すことのできない知的作業です。
本演習では、まず基本的な経済・社会問題や論点について理解するための経済学の基礎的知識を学びます。そのため、基本的なテキストを選んで勉強していきます。
なお、3年生・4年生になって、専門演習や卒業論文を作成する際に必要となる文献の検索・資料収集、レポートの書き方、発表のやり方などの基礎的能力の習得も併行します。
したがって、基礎ゼミでは、専門分野を学ぶための経済的基礎知識を学ぶとともに読解力、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力、ITスキルなどを身に付けることを優先課題とします。
 

教育目標

  

達成目標

基礎演習では、発表やディスカッションのやり方についての基本を身に付けることを第一の目的とします。
まず、読解力、文書・図表の理解とプレゼンテーション能力、コミュニケーション能力、ITスキルを高めることです。
次に、経済学の基本知識を学ぶとともに、その上、経済・社会問題や論点と関連したテーマを決め、関連資料や統計の収集、そして、論点の整理ができる能力を身に付けることです。
 

授業計画

適宜なテキストを決め、演習参加者全員が精読し、発表と質疑討論を中心に進めていきます。つまり、テキストの内容は演習でのディスカッションを通じて全員が完全に理解できるようにします。
また、資料収集、レジュメ・レポートの作成、プレゼンテーション及びコミュニケーション能力、ITスキルについての基本的な内容について学びます。
なお、随時各テーマと関連する簡単なレポートを課し、それを中心にディスカッションを行います。
第1回:ガイダンス、演習概要と年間研究スケジュール、文献紹介など
第2回〜10回:基本テキストの の輪読・発表
第11回〜15回:資料及びデータの収集・レポートの作成などの基礎知識習得
 

授業時間外学修

演習での議論に積極的に参加できるように参考文献及び事前に配布した資料を用いて次回の授業内容について理解しておくことが大事です。 

キーワード

  

履修上の注意

基礎演習では、発表やディスカッションのやり方についての基本を身に付けることを第一の目的とします。従って、まず、基礎演習には必ず参加すること、そして演習での議論に積極的に参加することが大事です。演習で一言も発言しないことは欠席と同様です。 

成績評価の方法

普段のゼミナールでの報告、議論への参加度(50%)、レポート(50%)などを総合して評価します。 

図書館蔵書検索

渡邉修士・川出真清編著(2014)『大学と経済学部の学びの技法』新世社
伊藤元重(2015) 『入門経済学』日本評論社 

関連科目

  

リンク先ホームページアドレス

  

備考

  



戻る シラバストップへ戻る
PDF生成 マイシラバスリスト

ページの先頭へ