UNIVERSITY OF TOYAMA SYLLABUS 富山大学
2019年度 授業案内
戻る シラバストップへ戻る
>> 経済学部経営学科
  授業科目名
流通論‐B マイシラバス
  (英文名)
Distributive Theory‐B
  担当教員(所属)
河塚 悠(経済学部)
  授業科目区分
専門教育科目 昼間主開講・基礎科目
  授業種別
講義科目
  COC+科目
-
  開講学期
第4ターム・火曜1限
第4ターム・金曜3限

  対象所属

  対象学年
2年
  時間割コード
131217
  単位数
2単位
  ナンバリングコード
1B2-39022-0200
  最終更新日時
19/02/01

  オフィスアワー(自由質問時間)
 

  リアルタイム・アドバイス:更新日   
 

  授業のねらいとカリキュラム上の位置付け(一般学習目標)
流通に関する基本的な概念や理論的枠組みを修得する。生産された商品が消費されるまでの間には,所有,空間,時間,情報などの点で隔たりがある。その生産と消費の隔たりの橋渡しをするのが流通である。それゆえ,流通は我々が日常生活を送るうえで重要な役割を果たしている。本講義では,流通の基本的な仕組みについて解説する。さらに,近年の流通を取り巻く環境の変化や様々な取り組みについても議論する。

  教育目標
 

  達成目標
(1)流通論の基礎的な概念や理論的枠組みが十分理解できる。
(2)修得した基礎知識をもとに,身近な流通に関する課題を分析・解釈できる。
(3)これからの流通のあり方について,学生それぞれの見解が持てる。


  授業計画(授業の形式、スケジュール等)
第1回  流通論Aの概説・物流@
第2回  物流A
第3回  物流B
第4回  情報技術と流通
第5回  流通政策@
第6回  流通政策A
第7回  流通政策B
第8回  流通の国際比較@
第9回  流通の国際比較A
第10回 これからの流通と商業:インターネット vs 店頭販売@
第11回 これからの流通と商業:インターネット vs 店頭販売A
第12回 これからの流通と商業:技術革新
第13回 第1〜12回までのまとめ
第14回 流通論A,流通論Bの総括
第15回 流通論A,流通論Bの授業内容に対する質疑・応答


  授業時間外学修
【事前学修】日常生活の中で,新聞の経済面やニュースの経済コンテンツに関心をむけて過ごす。
【事後学修】講義で取り上げた内容を再度見直し,関連する事例を自分で調べる。


  キーワード
流通,小売業,卸売業,品揃え,在庫管理,まちづくり,オムニチャネル,マルチチャネル,インストア・マーチャンダイジング,IoT

  履修上の注意
・流通論Bを履修する者は,流通論Aも履修する。
・授業は板書の代わりにパワーポイントを使って行う。
・授業内容を無断に撮影する行為,他人に迷惑をかける行為(私語、携帯電話による騒音等)は厳禁である。
・質問・相談は授業終了後に受ける。


  成績評価の方法
授業内評価(受講態度,ミニレポートなど30%),定期試験(70%)

  教科書・参考書等    図書館蔵書検索
教科書は特に指定しない。
石原武政・竹村正明 (2008) 『1からの流通論』,碩学舎.
住谷宏編 (2013) 『流通論の基礎』,第2版,中央経済社.
田口冬樹 (2016) 『体系 流通論(新版)』,白桃書房.
原田英生・向山雅夫・渡辺達朗 (2002) 『ベーシック流通と商業』,有斐閣アルマ.
満薗勇 (2015) 『商店街はいま必要なのか』,講談社現代新書.
矢作敏行 (1996) 『現代流通 −理論とケースで学ぶ−』,有斐閣アルマ.
渡辺達朗・原頼利・遠藤明子・田村晃二 (2008) 『流通論をつかむ』,有斐閣.
寺嶋正尚(2014)『ケースで分かる流通業の知識』,産業能率大学出版部.
渡辺達朗(2016)『流通政策入門(第4版)』,中央経済社.
石原武政・渡辺達朗(2018)『小売業起点のまちづくり』,碩学舎.


  関連科目
流通論A
マーケティング論
消費者行動論


  リンク先ホームページアドレス
 
  備考  

000031
戻る シラバストップへ戻る


富山大学 SYLLABUS
 2019年度 戻る シラバストップへ戻る
PDF生成
経済学部経営学科
授業科目名
流通論‐B  マイシラバス
英語名

Distributive Theory‐B 

担当教員

河塚 悠(経済学部) 

授業科目区分

専門教育科目 昼間主開講・基礎科目 

授業種別

講義科目 

COC+科目

開講学期

第4ターム・火曜1限
第4ターム・金曜3限 

対象所属

 

対象学生

2年 

時間割コード

131217 

単位数

2単位 

1B2-39022-0200

最終更新日時

19/02/01 

オフィスアワー

  

更新日  

  

授業のねらいとカリキュラム上の位置付け

流通に関する基本的な概念や理論的枠組みを修得する。生産された商品が消費されるまでの間には,所有,空間,時間,情報などの点で隔たりがある。その生産と消費の隔たりの橋渡しをするのが流通である。それゆえ,流通は我々が日常生活を送るうえで重要な役割を果たしている。本講義では,流通の基本的な仕組みについて解説する。さらに,近年の流通を取り巻く環境の変化や様々な取り組みについても議論する。 

教育目標

  

達成目標

(1)流通論の基礎的な概念や理論的枠組みが十分理解できる。
(2)修得した基礎知識をもとに,身近な流通に関する課題を分析・解釈できる。
(3)これからの流通のあり方について,学生それぞれの見解が持てる。
 

授業計画

第1回  流通論Aの概説・物流@
第2回  物流A
第3回  物流B
第4回  情報技術と流通
第5回  流通政策@
第6回  流通政策A
第7回  流通政策B
第8回  流通の国際比較@
第9回  流通の国際比較A
第10回 これからの流通と商業:インターネット vs 店頭販売@
第11回 これからの流通と商業:インターネット vs 店頭販売A
第12回 これからの流通と商業:技術革新
第13回 第1〜12回までのまとめ
第14回 流通論A,流通論Bの総括
第15回 流通論A,流通論Bの授業内容に対する質疑・応答
 

授業時間外学修

【事前学修】日常生活の中で,新聞の経済面やニュースの経済コンテンツに関心をむけて過ごす。
【事後学修】講義で取り上げた内容を再度見直し,関連する事例を自分で調べる。
 

キーワード

流通,小売業,卸売業,品揃え,在庫管理,まちづくり,オムニチャネル,マルチチャネル,インストア・マーチャンダイジング,IoT 

履修上の注意

・流通論Bを履修する者は,流通論Aも履修する。
・授業は板書の代わりにパワーポイントを使って行う。
・授業内容を無断に撮影する行為,他人に迷惑をかける行為(私語、携帯電話による騒音等)は厳禁である。
・質問・相談は授業終了後に受ける。
 

成績評価の方法

授業内評価(受講態度,ミニレポートなど30%),定期試験(70%) 

図書館蔵書検索

教科書は特に指定しない。
石原武政・竹村正明 (2008) 『1からの流通論』,碩学舎.
住谷宏編 (2013) 『流通論の基礎』,第2版,中央経済社.
田口冬樹 (2016) 『体系 流通論(新版)』,白桃書房.
原田英生・向山雅夫・渡辺達朗 (2002) 『ベーシック流通と商業』,有斐閣アルマ.
満薗勇 (2015) 『商店街はいま必要なのか』,講談社現代新書.
矢作敏行 (1996) 『現代流通 −理論とケースで学ぶ−』,有斐閣アルマ.
渡辺達朗・原頼利・遠藤明子・田村晃二 (2008) 『流通論をつかむ』,有斐閣.
寺嶋正尚(2014)『ケースで分かる流通業の知識』,産業能率大学出版部.
渡辺達朗(2016)『流通政策入門(第4版)』,中央経済社.
石原武政・渡辺達朗(2018)『小売業起点のまちづくり』,碩学舎.
 

関連科目

流通論A
マーケティング論
消費者行動論
 

リンク先ホームページアドレス

  

備考

  



戻る シラバストップへ戻る
PDF生成 マイシラバスリスト

ページの先頭へ