UNIVERSITY OF TOYAMA SYLLABUS 富山大学
2019年度 授業案内
戻る シラバストップへ戻る
>> 経済学部
  授業科目名
外国書講読U マイシラバス
  (英文名)
Reading of Foreign Books II
  担当教員(所属)
両角 良子(経済学部)
  授業科目区分
専門教育科目 選択科目・共通
  授業種別
講義科目
  COC+科目
-
  開講学期
後期・水曜1限
  対象所属

  対象学年
2、3、4年
  時間割コード
131026
  単位数
2単位
  ナンバリングコード
 
  最終更新日時
19/08/22

  オフィスアワー(自由質問時間)
 

  リアルタイム・アドバイス:更新日   
 

  授業のねらいとカリキュラム上の位置付け(一般学習目標)
・この授業では、テキスト・配布資料にそって、リスニング・単語・イディオム・英語表現を扱います。
・この授業のねらいは、履修者が、今現在、使われている英語表現を理解したり、社会・経済のトピックを考えたりすることです。
・カリキュラム上の位置づけとしては、経済学部で開講される専門科目やゼミナールでの英語使用に備えるための科目であるといえます。


  教育目標
 

  達成目標
授業のねらいの箇所で示したように、履修者が、今現在、使われている英語表現を理解したり、社会・経済のトピックを考えたりすることを達成目標とします。

  授業計画(授業の形式、スケジュール等)
1回目
 テキスト・配布資料、進め方、マナーについての連絡
 シラバスの内容確認
2回目〜15回目
 テキスト・配布資料の輪読とディスカッション
16回目
 ペーパーテスト


  授業時間外学修
テキスト・配布資料の予習(内容・単語・イディオム・英語表現の確認)


  キーワード
 

  履修上の注意
・シラバスをきちんと読んで履修登録をしてください。
・電子メールで教員に連絡をとる際は、必ずタイトルと自分の名前を書いてください。それらのないメールは、スパムメールと判断する場合があります。
・1回目の授業で、授業を受ける際のマナーや授業の内容について説明します。また、この授業科目の連絡事項は、授業中のほか、掲示で随時行います。
・合理的配慮が必要な方は、事前に連絡してください。また、開講期間中に必要性が判明しましたら、すみやかに連絡してください。
・この科目内の様子を無断で撮影・録画・録音することや無断で配布・公開することを禁じます。また、この科目の資料を無断で配布・公開することを禁じます。必要性がある方は相談してください。


  成績評価の方法
(1)単語・イディオム・表現の理解
(2)ディスカッションへの参加
(3)ペーパーテスト(テキスト・配布資料+αに関連する出題)
から総合的に判断します。
(1)と(2)を45点満点で評価、(3)を55点満点で評価します。
(1)と(2)は授業時間内に評価しますので、履修者は毎回出席するようにして下さい。


  教科書・参考書等    図書館蔵書検索
CNN ENGLISH EXPRESS (授業開始時の最新号を予定しています。1回目の授業の際に指定しますので、1回目までに購入することは不要です。)

the japan times alpha の記事も一部利用する可能性があります。授業時に配布しますので、講読は不要です。<2019年8月22日加筆>


  関連科目
専門科目、専門ゼミナール

  リンク先ホームページアドレス
https://sites.google.com/site/ryokomorozumi/home
  備考 ・少人数クラスとしますので、履修希望者が多い場合には、くじ引きを行います。くじで外れた人や1回目に来なかった人は、この科目の履修登録をしないでください。

・欠席が3回以上の場合、ペーパーテストを受けることができません。
<2019年8月22日加筆>
・遅刻3回分を欠席1回としてカウントします。
<2019年8月22日加筆>


000126
戻る シラバストップへ戻る


富山大学 SYLLABUS
 2019年度 戻る シラバストップへ戻る
PDF生成
経済学部
授業科目名
外国書講読U  マイシラバス
英語名

Reading of Foreign Books II 

担当教員

両角 良子(経済学部) 

授業科目区分

専門教育科目 選択科目・共通 

授業種別

講義科目 

COC+科目

開講学期

後期・水曜1限 

対象所属

 

対象学生

2、3、4年 

時間割コード

131026 

単位数

2単位 

 

最終更新日時

19/08/22 

オフィスアワー

  

更新日  

  

授業のねらいとカリキュラム上の位置付け

・この授業では、テキスト・配布資料にそって、リスニング・単語・イディオム・英語表現を扱います。
・この授業のねらいは、履修者が、今現在、使われている英語表現を理解したり、社会・経済のトピックを考えたりすることです。
・カリキュラム上の位置づけとしては、経済学部で開講される専門科目やゼミナールでの英語使用に備えるための科目であるといえます。 

教育目標

  

達成目標

授業のねらいの箇所で示したように、履修者が、今現在、使われている英語表現を理解したり、社会・経済のトピックを考えたりすることを達成目標とします。 

授業計画

1回目
 テキスト・配布資料、進め方、マナーについての連絡
 シラバスの内容確認
2回目〜15回目
 テキスト・配布資料の輪読とディスカッション
16回目
 ペーパーテスト 

授業時間外学修

テキスト・配布資料の予習(内容・単語・イディオム・英語表現の確認)
 

キーワード

  

履修上の注意

・シラバスをきちんと読んで履修登録をしてください。
・電子メールで教員に連絡をとる際は、必ずタイトルと自分の名前を書いてください。それらのないメールは、スパムメールと判断する場合があります。
・1回目の授業で、授業を受ける際のマナーや授業の内容について説明します。また、この授業科目の連絡事項は、授業中のほか、掲示で随時行います。
・合理的配慮が必要な方は、事前に連絡してください。また、開講期間中に必要性が判明しましたら、すみやかに連絡してください。
・この科目内の様子を無断で撮影・録画・録音することや無断で配布・公開することを禁じます。また、この科目の資料を無断で配布・公開することを禁じます。必要性がある方は相談してください。 

成績評価の方法

(1)単語・イディオム・表現の理解
(2)ディスカッションへの参加
(3)ペーパーテスト(テキスト・配布資料+αに関連する出題)
から総合的に判断します。
(1)と(2)を45点満点で評価、(3)を55点満点で評価します。
(1)と(2)は授業時間内に評価しますので、履修者は毎回出席するようにして下さい。 

図書館蔵書検索

CNN ENGLISH EXPRESS (授業開始時の最新号を予定しています。1回目の授業の際に指定しますので、1回目までに購入することは不要です。)

the japan times alpha の記事も一部利用する可能性があります。授業時に配布しますので、講読は不要です。<2019年8月22日加筆> 

関連科目

専門科目、専門ゼミナール 

リンク先ホームページアドレス

https://sites.google.com/site/ryokomorozumi/home 

備考

・少人数クラスとしますので、履修希望者が多い場合には、くじ引きを行います。くじで外れた人や1回目に来なかった人は、この科目の履修登録をしないでください。

・欠席が3回以上の場合、ペーパーテストを受けることができません。
<2019年8月22日加筆>
・遅刻3回分を欠席1回としてカウントします。
<2019年8月22日加筆> 



戻る シラバストップへ戻る
PDF生成 マイシラバスリスト

ページの先頭へ