UNIVERSITY OF TOYAMA SYLLABUS 富山大学
2019年度 授業案内
戻る シラバストップへ戻る
>> 教養教育
  授業科目名
健康・スポーツ/実技(卓球)/Seminer of Introduction to Health andSports Sciences マイシラバス
  (英文名)
Seminer of Introduction to Health andSports Sciences
  担当教員(所属)
長崎 成良(非常勤講師)
  授業科目区分
教養教育科目 保健体育系
  授業種別
実技科目
  COC+科目
-
  開講学期
前期・水曜7限
  対象所属
経済学部経済学科 /Faculty of Economics ,経済学部経営学科 /Faculty of Economics ,経済学部経営法学科 /Faculty of Economics
  対象学年
1年、2年
  時間割コード
130656
  単位数
1単位
  ナンバリングコード
1X1-00081-0210
  最終更新日時
19/01/28

  オフィスアワー(自由質問時間)
長崎 成良(外部講師ですので授業の時間帯以外は大学におりません。ご連絡はメールおよび電話(月〜金曜 9〜17時)で可能です。)

  リアルタイム・アドバイス:更新日   
 

  授業のねらいとカリキュラム上の位置付け(一般学習目標)
運動・スポーツの合理的、計画的な実践を通して、健康の維持・増進や体力の向上を図るための知識とスポーツの基礎的技能とを合わせて修得することによって、生涯にわたってスポーツを楽しく実践することができるようになる。

  教育目標
 

  達成目標
1)健康の維持・増進または体力の向上ができます。
2)生涯にわたり運動・スポーツを楽しむために必要とされる知識と技能を習得できます。
3)自分のからだに合った運動方法やプログラムを考え、実践できます。


  授業計画(授業の形式、スケジュール等)
第1回:健康スポーツ授業における種目の選択。 スケジュール、授業のねらい、達成目標、評価基準、注意点の確認。
第2回:ルール説明、基礎練習。体力評価(初回)。
第3回:シングルスの基礎練習。体力評価に基づく中長期的トレーニング計画の立案。
第4〜8回:シングルスの基礎練習、戦術考案および試合。健康運動の講義と実習、体力づくり。
第9回〜12回:ダブルスの基礎練習、戦術考案および試合。健康運動の講義と実習、体力づくり。
第13〜14回:トーナメント戦。体力評価(最終)と結果に基づく振り返り。レポートの説明。
第15回:シングルス、ダブルスの試合。授業のまとめ。レポート提出


  授業時間外学修
・体力評価の結果を参考に自身の体力特性を理解した上で計画的なトレーニングを行うこと。
・授業初期に立案する運動行動計画を日々実践すること。


  キーワード
卓球、健康スポーツ、生活習慣病、スポーツ外傷・障害予防

  履修上の注意
1)じゅうぶんな睡眠、朝食は必ず摂るなど、体調を整えて、授業に参加すること。
2)運動に相応しい服装で参加すること。
3)体育館で実施する種目では内履き専用の運動靴が必要です。
4)時間厳守。
5)種目選択にあたっては、履修希望者が多い場合、抽選をおこなうことがある。
6)欠席したり、課題の提出を怠ったりすると単位の修得は困難となる。
7)各自が、貴重品の管理にはじゅうぶん注意すること。


  成績評価の方法
1)健康の維持・増進や体力の向上の達成度、修得した身体運動に関する知識についてレポートにまとめる(20%)
2)受講態度(10%)
3)技能の習得度(70%)


  教科書・参考書等    図書館蔵書検索
卓球用具(ラケット、ボール、卓球台)は大学で用意します。
健康運動の講義については講師が作成した資料を授業毎に当日配布します。
レポート課題については授業第13回、14回に紙面にして配布します。


  関連科目
 

  リンク先ホームページアドレス
 
  備考 夏季は使用施設が暑熱環境となります。水分補給、体調管理に配慮してください。

000188
戻る シラバストップへ戻る


富山大学 SYLLABUS
 2019年度 戻る シラバストップへ戻る
PDF生成
教養教育
授業科目名
健康・スポーツ/実技(卓球)/Seminer of Introduction to Health andSports Sciences  マイシラバス
英語名

Seminer of Introduction to Health andSports Sciences 

担当教員

長崎 成良(非常勤講師) 

授業科目区分

教養教育科目 保健体育系 

授業種別

実技科目 

COC+科目

開講学期

前期・水曜7限 

対象所属

経済学部経済学科 /Faculty of Economics ,経済学部経営学科 /Faculty of Economics ,経済学部経営法学科 /Faculty of Economics  

対象学生

1年、2年 

時間割コード

130656 

単位数

1単位 

1X1-00081-0210

最終更新日時

19/01/28 

オフィスアワー

長崎 成良(外部講師ですので授業の時間帯以外は大学におりません。ご連絡はメールおよび電話(月〜金曜 9〜17時)で可能です。) 

更新日  

  

授業のねらいとカリキュラム上の位置付け

運動・スポーツの合理的、計画的な実践を通して、健康の維持・増進や体力の向上を図るための知識とスポーツの基礎的技能とを合わせて修得することによって、生涯にわたってスポーツを楽しく実践することができるようになる。 

教育目標

  

達成目標

1)健康の維持・増進または体力の向上ができます。
2)生涯にわたり運動・スポーツを楽しむために必要とされる知識と技能を習得できます。
3)自分のからだに合った運動方法やプログラムを考え、実践できます。
 

授業計画

第1回:健康スポーツ授業における種目の選択。 スケジュール、授業のねらい、達成目標、評価基準、注意点の確認。
第2回:ルール説明、基礎練習。体力評価(初回)。
第3回:シングルスの基礎練習。体力評価に基づく中長期的トレーニング計画の立案。
第4〜8回:シングルスの基礎練習、戦術考案および試合。健康運動の講義と実習、体力づくり。
第9回〜12回:ダブルスの基礎練習、戦術考案および試合。健康運動の講義と実習、体力づくり。
第13〜14回:トーナメント戦。体力評価(最終)と結果に基づく振り返り。レポートの説明。
第15回:シングルス、ダブルスの試合。授業のまとめ。レポート提出
 

授業時間外学修

・体力評価の結果を参考に自身の体力特性を理解した上で計画的なトレーニングを行うこと。
・授業初期に立案する運動行動計画を日々実践すること。
 

キーワード

卓球、健康スポーツ、生活習慣病、スポーツ外傷・障害予防 

履修上の注意

1)じゅうぶんな睡眠、朝食は必ず摂るなど、体調を整えて、授業に参加すること。
2)運動に相応しい服装で参加すること。
3)体育館で実施する種目では内履き専用の運動靴が必要です。
4)時間厳守。
5)種目選択にあたっては、履修希望者が多い場合、抽選をおこなうことがある。
6)欠席したり、課題の提出を怠ったりすると単位の修得は困難となる。
7)各自が、貴重品の管理にはじゅうぶん注意すること。
 

成績評価の方法

1)健康の維持・増進や体力の向上の達成度、修得した身体運動に関する知識についてレポートにまとめる(20%)
2)受講態度(10%)
3)技能の習得度(70%)
 

図書館蔵書検索

卓球用具(ラケット、ボール、卓球台)は大学で用意します。
健康運動の講義については講師が作成した資料を授業毎に当日配布します。
レポート課題については授業第13回、14回に紙面にして配布します。
 

関連科目

  

リンク先ホームページアドレス

  

備考

夏季は使用施設が暑熱環境となります。水分補給、体調管理に配慮してください。 



戻る シラバストップへ戻る
PDF生成 マイシラバスリスト

ページの先頭へ