UNIVERSITY OF TOYAMA SYLLABUS 富山大学
2019年度 授業案内
戻る シラバストップへ戻る
>> 教養教育
  授業科目名
社会と情報の数理 マイシラバス
  (英文名)
Mathematical Principles inSocial Sciences and Intelligence
  担当教員(所属)
堂谷 昌孝(経済学部)
  授業科目区分
教養教育科目 教養科目
  授業種別
講義科目
  COC+科目
-
  開講学期
前期・火曜6限
  対象所属
 
  対象学年
3、4年
  時間割コード
130553
  単位数
2単位
  ナンバリングコード
 
  最終更新日時
19/01/30

  オフィスアワー(自由質問時間)
 

  リアルタイム・アドバイス:更新日   
 

  授業のねらいとカリキュラム上の位置付け(一般学習目標)
動学モデルについて学ぶ機会は少ない. しかしながら, 景気の上がり下がりなど最大の関心事は動学に関することである. このゼミでは, 初歩的な動学モデルについて学び, その動きを分析します..

  教育目標
 

  達成目標
初歩的な動学モデルを通して, 何故景気は変動するか, 何故慢性的不況が発生するかを知ることができます.

  授業計画(授業の形式、スケジュール等)
第1回  講義の概略について
第2回  数学準備 1
第3回  数学準備 2
第4回  数学準備 3
第5回  マクロ経済学の基礎概念
第6回  単純な景気循環モデル
第7回  モデル分析1
第8回  モデル分析2
第9回  やや進んだ景気循環モデル
第10回 モデルの数値解析1
第11回 モデルの数値解析2
第12回 経済政策の効果
第13回 期待と景気循環1
第14回 期待と景気循環2
第15回 「慢性的不況:失われた20年」について


  授業時間外学修
特に必要はありません.

  キーワード
 

  履修上の注意
微分計算に慣れていることが必要である.


  成績評価の方法
中間試験と期末試験の結果と数回のレポートの結果を合わせた総合評価です.

  教科書・参考書等    図書館蔵書検索
教科書は特にありませんが, 初級のマクロ経済学のテキストならばどれでも講義の理解の手助けになると思います.

  関連科目
 

  リンク先ホームページアドレス
 
  備考  

000324
戻る シラバストップへ戻る


富山大学 SYLLABUS
 2019年度 戻る シラバストップへ戻る
PDF生成
教養教育
授業科目名
社会と情報の数理  マイシラバス
英語名

Mathematical Principles inSocial Sciences and Intelligence 

担当教員

堂谷 昌孝(経済学部) 

授業科目区分

教養教育科目 教養科目 

授業種別

講義科目 

COC+科目

開講学期

前期・火曜6限 

対象所属

  

対象学生

3、4年 

時間割コード

130553 

単位数

2単位 

 

最終更新日時

19/01/30 

オフィスアワー

  

更新日  

  

授業のねらいとカリキュラム上の位置付け

動学モデルについて学ぶ機会は少ない. しかしながら, 景気の上がり下がりなど最大の関心事は動学に関することである. このゼミでは, 初歩的な動学モデルについて学び, その動きを分析します.. 

教育目標

  

達成目標

初歩的な動学モデルを通して, 何故景気は変動するか, 何故慢性的不況が発生するかを知ることができます. 

授業計画

第1回  講義の概略について
第2回  数学準備 1
第3回  数学準備 2
第4回  数学準備 3
第5回  マクロ経済学の基礎概念
第6回  単純な景気循環モデル
第7回  モデル分析1
第8回  モデル分析2
第9回  やや進んだ景気循環モデル
第10回 モデルの数値解析1
第11回 モデルの数値解析2
第12回 経済政策の効果
第13回 期待と景気循環1
第14回 期待と景気循環2
第15回 「慢性的不況:失われた20年」について
 

授業時間外学修

特に必要はありません. 

キーワード

  

履修上の注意

微分計算に慣れていることが必要である.
 

成績評価の方法

中間試験と期末試験の結果と数回のレポートの結果を合わせた総合評価です. 

図書館蔵書検索

教科書は特にありませんが, 初級のマクロ経済学のテキストならばどれでも講義の理解の手助けになると思います. 

関連科目

  

リンク先ホームページアドレス

  

備考

  



戻る シラバストップへ戻る
PDF生成 マイシラバスリスト

ページの先頭へ