UNIVERSITY OF TOYAMA SYLLABUS 富山大学
2019年度 授業案内
戻る シラバストップへ戻る
>> 経済学部経営学科
  授業科目名
簿記論 マイシラバス
  (英文名)

  担当教員(所属)
廣橋 (経済学部)
  授業科目区分
専門教育科目 夜間主開講科目
  授業種別
講義科目
  COC+科目
-
  開講学期
前期・水曜6限
前期・水曜7限

  対象所属

  対象学年
3、4年
  時間割コード
130506
  単位数
4単位
  ナンバリングコード
 
  最終更新日時
19/02/15

  オフィスアワー(自由質問時間)
廣橋 (木曜15:00〜16:00(2019年10月3日に変更しました。))

  リアルタイム・アドバイス:更新日   
 

  授業のねらいとカリキュラム上の位置付け(一般学習目標)
 簿記は,企業をはじめとする様々な経済主体の財政状態および経営成績を明らかにすることを目的として,その取引(経済事象・活動)を記録・計算するための技術である。本授業では,「会計学入門」で学習した複式簿記の基礎を理解していることを前提として,株式会社(商業)の基本的な取引を複式簿記によって処理し,財務諸表を作成できるようになることを目標とする。

  教育目標
 

  達成目標
 株式会社における基本的な取引について記帳し,財務諸表を作成することができること。

  授業計画(授業の形式、スケジュール等)
第01回 簿記一巡の手続きと財務諸表
第02回 現金預金と売掛金
第03回 手形
第04回  〃
第05回 有価証券
第06回  〃
第07回 その他の債権・債務(債務の保証,未決算勘定)
第08回 商品売買
第09回  〃
第10回 固定資産
第11回  〃
第12回 引当金
第13回  〃
第14回 収益と費用
第15回  〃
第16回 中間試験
第17回 株式会社の純資産(資本)
第18回  〃
第19回 税金
第20回 リース会計
第21回  〃
第22回 外貨建取引
第23回 税効果会計
第24回  〃
第25回 決算
第26回  〃
第27回 本支店会計
第28回  〃
第29回 連結会計
第30回  〃
第31回 期末試験


  授業時間外学修
<事前学修>
 初回の講義前には,「会計学入門」で使用した教科書などを使用し,その内容について復習しておくこと。2回目以降の講義前には,あらかじめ配付された資料に目を通し,例題を解き,疑問点を明らかにしておくこと。
<事後学修>
 配付された資料の問題を解き直し,その内容についての理解を深めること。


  キーワード
会計,簿記,取引,記帳,財務諸表,貸借対照表,損益計算書

  履修上の注意
 履修にあたっては,この授業が「会計学入門」の学習内容を理解していることを前提として進められることに留意すること。
 また,授業を受ける際には,電卓を持参すること(中間試験および期末試験においても持ち込み可とする)。


  成績評価の方法
中間試験(30%),期末試験(70%)

  教科書・参考書等    図書館蔵書検索
なし。

  関連科目
 

  リンク先ホームページアドレス
 
  備考  

000419
戻る シラバストップへ戻る


富山大学 SYLLABUS
 2019年度 戻る シラバストップへ戻る
PDF生成
経済学部経営学科
授業科目名
簿記論  マイシラバス
英語名

 

担当教員

廣橋 (経済学部) 

授業科目区分

専門教育科目 夜間主開講科目 

授業種別

講義科目 

COC+科目

開講学期

前期・水曜6限
前期・水曜7限 

対象所属

 

対象学生

3、4年 

時間割コード

130506 

単位数

4単位 

 

最終更新日時

19/02/15 

オフィスアワー

廣橋 (木曜15:00〜16:00(2019年10月3日に変更しました。)) 

更新日  

  

授業のねらいとカリキュラム上の位置付け

 簿記は,企業をはじめとする様々な経済主体の財政状態および経営成績を明らかにすることを目的として,その取引(経済事象・活動)を記録・計算するための技術である。本授業では,「会計学入門」で学習した複式簿記の基礎を理解していることを前提として,株式会社(商業)の基本的な取引を複式簿記によって処理し,財務諸表を作成できるようになることを目標とする。 

教育目標

  

達成目標

 株式会社における基本的な取引について記帳し,財務諸表を作成することができること。 

授業計画

第01回 簿記一巡の手続きと財務諸表
第02回 現金預金と売掛金
第03回 手形
第04回  〃
第05回 有価証券
第06回  〃
第07回 その他の債権・債務(債務の保証,未決算勘定)
第08回 商品売買
第09回  〃
第10回 固定資産
第11回  〃
第12回 引当金
第13回  〃
第14回 収益と費用
第15回  〃
第16回 中間試験
第17回 株式会社の純資産(資本)
第18回  〃
第19回 税金
第20回 リース会計
第21回  〃
第22回 外貨建取引
第23回 税効果会計
第24回  〃
第25回 決算
第26回  〃
第27回 本支店会計
第28回  〃
第29回 連結会計
第30回  〃
第31回 期末試験 

授業時間外学修

<事前学修>
 初回の講義前には,「会計学入門」で使用した教科書などを使用し,その内容について復習しておくこと。2回目以降の講義前には,あらかじめ配付された資料に目を通し,例題を解き,疑問点を明らかにしておくこと。
<事後学修>
 配付された資料の問題を解き直し,その内容についての理解を深めること。 

キーワード

会計,簿記,取引,記帳,財務諸表,貸借対照表,損益計算書 

履修上の注意

 履修にあたっては,この授業が「会計学入門」の学習内容を理解していることを前提として進められることに留意すること。
 また,授業を受ける際には,電卓を持参すること(中間試験および期末試験においても持ち込み可とする)。 

成績評価の方法

中間試験(30%),期末試験(70%) 

図書館蔵書検索

なし。 

関連科目

  

リンク先ホームページアドレス

  

備考

  



戻る シラバストップへ戻る
PDF生成 マイシラバスリスト

ページの先頭へ