UNIVERSITY OF TOYAMA SYLLABUS 富山大学
2019年度 授業案内
戻る シラバストップへ戻る
>> 経済学部経済学科
  授業科目名
社会学総論‐B マイシラバス
  (英文名)
General Sociology‐B
  担当教員(所属)
高山 龍太郎(経済学部), 中村 真由美(経済学部)
  授業科目区分
専門教育科目 昼間主開講・基礎科目
  授業種別
講義科目
  COC+科目
-
  開講学期
第2ターム・火曜1限
第2ターム・金曜3限

  対象所属

  対象学年
2年
  時間割コード
130215
  単位数
2単位
  ナンバリングコード
1B1-40012-0300
  最終更新日時
19/02/14

  オフィスアワー(自由質問時間)
 

  リアルタイム・アドバイス:更新日   
 

  授業のねらいとカリキュラム上の位置付け(一般学習目標)
 社会学とは、人間関係や社会の構造や機能およびその生成・変動の過程を、人間の行為やそれを規制する文化(価値や規範など)と関連づけながら、理論的・経験的に研究する社会科学の1分野です。この授業は、そうした社会学への入門です。社会学の研究において、社会学理論と社会調査は両輪を成しています。社会学理論については中村が社会学総論Aで講義し、社会調査については高山が社会学総論Bで講義していきます。

  教育目標
 

  達成目標
 社会学のものの考え方を身につけ、現代社会の課題と自らの生き方について、調べ、考え、表現する能力の形成を目指します。


  授業計画(授業の形式、スケジュール等)
 社会学の古典と呼べるような研究を紹介していきます。そこで示されている知見とともに、もちいられている調査法について解説していきます。
 下記のような順番で話を進めていく予定です(進行状況によって変更があり得ますので、ご了承ください)。

1 社会調査とは何か1──盛んになった社会調査、社会調査の意義・用途、量的調査と質的調査、社会調査のプロセス
2 社会調査とは何か2──各種の社会調査技法の概要、社会調査の倫理、社会調査の歴史の概説(欧米、日本)
3 公式統計──デュルケム『自殺論』1897年
4 社会踏査──ブース『ロンドン民衆の生活と労働』1904年
5 ドキュメント分析──トマスとズナニエツキ『ヨーロッパとアメリカにおけるポーランド農民』1918-20年
6 地域社会研究──リンド夫妻『ミドゥルタウン』1929年
7 実験法──メイヨー『産業文明における人間問題』1933年
8 社会心理学的研究──アドルノ『権威主義的パーソナリティ』1950年
9 参与観察法──ゴッフマン『アサイラム』1961年
10 参与観察法──ホックシールド『管理される心』1983年
11 インタビュー法──ベッカー『アウトサイダーズ』1963年
12 インタビュー法──モラン『オルレアンのうわさ』1969年
13 調査票調査──「社会階層と社会移動」全国調査(SSM調査)
14 調査票調査──日本版総合的社会調査(JGSS)
15 質的調査と量的調査の併用──グラノヴェター『転職』1974年



  授業時間外学修
授業終了時に示す課題についてノートを作成すること

  キーワード
社会システム 社会調査

  履修上の注意
講義形式で授業をする予定です。

  成績評価の方法
期末テスト(100%)


  教科書・参考書等    図書館蔵書検索
教科書は、ありません。
参考文献は、授業中に指示します。


  関連科目
社会学総論A 社会調査論 産業社会学 地域社会学 調査データ解析 質的調査法

  リンク先ホームページアドレス
http://r-takayama.at.webry.info/
  備考 社会調査士資格の「A科目」に指定されています。

オフィスアワーは、特に決めていませんので、電子メールでアポイントメントをとってください


000145
戻る シラバストップへ戻る


富山大学 SYLLABUS
 2019年度 戻る シラバストップへ戻る
PDF生成
経済学部経済学科
授業科目名
社会学総論‐B  マイシラバス
英語名

General Sociology‐B 

担当教員

高山 龍太郎(経済学部), 中村 真由美(経済学部) 

授業科目区分

専門教育科目 昼間主開講・基礎科目 

授業種別

講義科目 

COC+科目

開講学期

第2ターム・火曜1限
第2ターム・金曜3限 

対象所属

 

対象学生

2年 

時間割コード

130215 

単位数

2単位 

1B1-40012-0300

最終更新日時

19/02/14 

オフィスアワー

  

更新日  

  

授業のねらいとカリキュラム上の位置付け

 社会学とは、人間関係や社会の構造や機能およびその生成・変動の過程を、人間の行為やそれを規制する文化(価値や規範など)と関連づけながら、理論的・経験的に研究する社会科学の1分野です。この授業は、そうした社会学への入門です。社会学の研究において、社会学理論と社会調査は両輪を成しています。社会学理論については中村が社会学総論Aで講義し、社会調査については高山が社会学総論Bで講義していきます。 

教育目標

  

達成目標

 社会学のものの考え方を身につけ、現代社会の課題と自らの生き方について、調べ、考え、表現する能力の形成を目指します。
 

授業計画

 社会学の古典と呼べるような研究を紹介していきます。そこで示されている知見とともに、もちいられている調査法について解説していきます。
 下記のような順番で話を進めていく予定です(進行状況によって変更があり得ますので、ご了承ください)。

1 社会調査とは何か1──盛んになった社会調査、社会調査の意義・用途、量的調査と質的調査、社会調査のプロセス
2 社会調査とは何か2──各種の社会調査技法の概要、社会調査の倫理、社会調査の歴史の概説(欧米、日本)
3 公式統計──デュルケム『自殺論』1897年
4 社会踏査──ブース『ロンドン民衆の生活と労働』1904年
5 ドキュメント分析──トマスとズナニエツキ『ヨーロッパとアメリカにおけるポーランド農民』1918-20年
6 地域社会研究──リンド夫妻『ミドゥルタウン』1929年
7 実験法──メイヨー『産業文明における人間問題』1933年
8 社会心理学的研究──アドルノ『権威主義的パーソナリティ』1950年
9 参与観察法──ゴッフマン『アサイラム』1961年
10 参与観察法──ホックシールド『管理される心』1983年
11 インタビュー法──ベッカー『アウトサイダーズ』1963年
12 インタビュー法──モラン『オルレアンのうわさ』1969年
13 調査票調査──「社会階層と社会移動」全国調査(SSM調査)
14 調査票調査──日本版総合的社会調査(JGSS)
15 質的調査と量的調査の併用──グラノヴェター『転職』1974年

 

授業時間外学修

授業終了時に示す課題についてノートを作成すること 

キーワード

社会システム 社会調査 

履修上の注意

講義形式で授業をする予定です。 

成績評価の方法

期末テスト(100%)
 

図書館蔵書検索

教科書は、ありません。
参考文献は、授業中に指示します。
 

関連科目

社会学総論A 社会調査論 産業社会学 地域社会学 調査データ解析 質的調査法 

リンク先ホームページアドレス

http://r-takayama.at.webry.info/ 

備考

社会調査士資格の「A科目」に指定されています。

オフィスアワーは、特に決めていませんので、電子メールでアポイントメントをとってください 



戻る シラバストップへ戻る
PDF生成 マイシラバスリスト

ページの先頭へ