UNIVERSITY OF TOYAMA SYLLABUS 富山大学
2019年度 授業案内
戻る シラバストップへ戻る
>> 経済学部経営法学科
  授業科目名
国際私法 マイシラバス
  (英文名)
Private International Law
  担当教員(所属)
岩本 学(経済学部)
  授業科目区分
専門教育科目 昼間主開講・発展科目
  授業種別
講義科目
  COC+科目
-
  開講学期
前期・火曜4限
  対象所属

  対象学年
2年
  時間割コード
130129
  単位数
2単位
  ナンバリングコード
1B3-36033-0300
  最終更新日時
19/02/13

  オフィスアワー(自由質問時間)
 

  リアルタイム・アドバイス:更新日   
 

  授業のねらいとカリキュラム上の位置付け(一般学習目標)
「国際私法」とは何か,を周囲に説明できるまでになることを本講義の第一のねらいとする。

加えて,元々存在していたが,グローバル化やインターネットの隆盛等でより不可避的に生じるようになった国際的な法的案件が,どのようなプロセスで処理されるのかを知る,ことをもう一つのねらいとする。

カリキュラム上は,民事法の発展に位置づけられるべきであるが,国際私法は他の法律とは毛色が違うので,初学者でも学習意欲がある場合には習熟可能である。


  教育目標
 

  達成目標
日本において外国法が適用されうるという事実を知り,国際私法とはどのようなもので,どのように用いられるのかを理解する。

  授業計画(授業の形式、スケジュール等)
1.イントロダクション,総論:国際私法とは
2.総論:性質決定,連結点
3.総論:反致,準拠法の指定
4.総論:外国法の適用,公序
5.総論:先決問題,適応問題
6.国際民事訴訟法:国際裁判管轄・外国判決の承認執行
7.各論:能力・失踪宣告
8.各論:物権・知的財産権
9.各論:債権1 契約債権
10.各論:債権2 法定債権
11.各論:債権3 債権の効力
12.各論:婚姻・離婚
13.各論:親子
14.各論:後見・扶養
15.各論:相続


  授業時間外学修
毎回レジュメに次回の予習範囲を指定するため,教科書の当該箇所を熟読した上,講義にのぞむこと。なお第一回の予習範囲は,教科書1−39頁。

  キーワード
国際私法,国際取引法,国際民事訴訟法

  履修上の注意
・私語のほか、携帯電話など通信機器の授業中の使用は厳禁。
・民法,商法の法律用語を頻繁に用いるので,まだ習っていない単語が登場した場合は労を厭わず調べること。


  成績評価の方法
レポート(50%)及び期末試験(50%)

  教科書・参考書等    図書館蔵書検索
・教科書
中西康・北澤安紀・横溝大・林貴美『Legal Quest 国際私法 第2版』(有斐閣,2018)3000円(税別)

また最新の六法必携。

その他参考書については,初回の講義で紹介する。


  関連科目
民法総則,物権法,債権法,家族法,会社法,手形小切手法,保険海商法,国際取引法,民事訴訟法,民事執行法

  リンク先ホームページアドレス
 
  備考  

000269
戻る シラバストップへ戻る


富山大学 SYLLABUS
 2019年度 戻る シラバストップへ戻る
PDF生成
経済学部経営法学科
授業科目名
国際私法  マイシラバス
英語名

Private International Law 

担当教員

岩本 学(経済学部) 

授業科目区分

専門教育科目 昼間主開講・発展科目 

授業種別

講義科目 

COC+科目

開講学期

前期・火曜4限 

対象所属

 

対象学生

2年 

時間割コード

130129 

単位数

2単位 

1B3-36033-0300

最終更新日時

19/02/13 

オフィスアワー

  

更新日  

  

授業のねらいとカリキュラム上の位置付け

「国際私法」とは何か,を周囲に説明できるまでになることを本講義の第一のねらいとする。

加えて,元々存在していたが,グローバル化やインターネットの隆盛等でより不可避的に生じるようになった国際的な法的案件が,どのようなプロセスで処理されるのかを知る,ことをもう一つのねらいとする。

カリキュラム上は,民事法の発展に位置づけられるべきであるが,国際私法は他の法律とは毛色が違うので,初学者でも学習意欲がある場合には習熟可能である。 

教育目標

  

達成目標

日本において外国法が適用されうるという事実を知り,国際私法とはどのようなもので,どのように用いられるのかを理解する。 

授業計画

1.イントロダクション,総論:国際私法とは
2.総論:性質決定,連結点
3.総論:反致,準拠法の指定
4.総論:外国法の適用,公序
5.総論:先決問題,適応問題
6.国際民事訴訟法:国際裁判管轄・外国判決の承認執行
7.各論:能力・失踪宣告
8.各論:物権・知的財産権
9.各論:債権1 契約債権
10.各論:債権2 法定債権
11.各論:債権3 債権の効力
12.各論:婚姻・離婚
13.各論:親子
14.各論:後見・扶養
15.各論:相続 

授業時間外学修

毎回レジュメに次回の予習範囲を指定するため,教科書の当該箇所を熟読した上,講義にのぞむこと。なお第一回の予習範囲は,教科書1−39頁。 

キーワード

国際私法,国際取引法,国際民事訴訟法 

履修上の注意

・私語のほか、携帯電話など通信機器の授業中の使用は厳禁。
・民法,商法の法律用語を頻繁に用いるので,まだ習っていない単語が登場した場合は労を厭わず調べること。 

成績評価の方法

レポート(50%)及び期末試験(50%) 

図書館蔵書検索

・教科書
中西康・北澤安紀・横溝大・林貴美『Legal Quest 国際私法 第2版』(有斐閣,2018)3000円(税別)

また最新の六法必携。

その他参考書については,初回の講義で紹介する。 

関連科目

民法総則,物権法,債権法,家族法,会社法,手形小切手法,保険海商法,国際取引法,民事訴訟法,民事執行法 

リンク先ホームページアドレス

  

備考

  



戻る シラバストップへ戻る
PDF生成 マイシラバスリスト

ページの先頭へ