UNIVERSITY OF TOYAMA SYLLABUS 富山大学
2019年度 授業案内
戻る シラバストップへ戻る
>> 経済学部経営学科
  授業科目名
原価計算論‐A マイシラバス
  (英文名)
Cost Accounting‐A
  担当教員(所属)
真部 典久(経済学部)
  授業科目区分
専門教育科目 昼間主開講・基礎科目
  授業種別
講義科目
  COC+科目
-
  開講学期
第1ターム・月曜3限
第1ターム・水曜1限

  対象所属

  対象学年
2年
  時間割コード
130109
  単位数
2単位
  ナンバリングコード
1B2-39032-0500
  最終更新日時
19/04/15

  オフィスアワー(自由質問時間)
 

  リアルタイム・アドバイス:更新日   
 

  授業のねらいとカリキュラム上の位置付け(一般学習目標)
企業経営において原価(コスト)を無視することはできません。とりわけ,今日の競争的な経営環境にあっては,原価を考慮した経営活動がいっそう求められています。本講義で扱う「原価計算」とは,企業に投入される経営資源(原材料,労働力,機械設備,その他)が製品・サービスに変換されていく一連の過程を貨幣価値的に測定するための技術体系を指します。企業の構成員は,財務諸表作成,原価管理,利益管理,価格設定など,経営の様々な局面において,原価計算システムから提供される原価情報を使用します。

・講義の目的−原価計算の手続き,仕組み,計算ロジック,ならびに原価情報の活用方法の習得
・講義の方法−配付プリントに沿った解説と計算練習の実施


  教育目標
 

  達成目標
・原価計算の概念や基本的な考え方を説明できるようになること
・各種データから,必要とされる原価情報を算出できるようになること


  授業計画(授業の形式、スケジュール等)
授業は以下のように進めていく予定です。

01 講義ガイダンス
02 原価計算の展開と基礎概念
03 材料費の計算(1)
04 材料費の計算(2)
05 労務費の計算
06 経費の計算
07 製造間接費の計算
08 部門別計算(1)
09 部門別計算(2)
10 個別原価計算
11 総合原価計算(1)
12 総合原価計算(2)
13 総合原価計算(3)
14 総合原価計算(4)
15 前半のまとめと質疑応答


  授業時間外学修
各回の授業は相互に関連しているため,復習(自習)は怠らないで下さい(授業に出席しているだけでは単位は修得できません)。

  キーワード
原価概念,製造原価の計算

  履修上の注意
・多数の会計上の概念を扱います。そのため本講義の履修に際し,「会計学入門」の単位を修得済みであることが望ましいです。
・授業中に計算練習を行うので電卓を持参して下さい(試験の際,携帯電話等の電卓機能の使用は不可)。
・私語は厳禁です。


  成績評価の方法
学期末試験(100%)の結果に基づき評価します。

  教科書・参考書等    図書館蔵書検索
教科書は使用しません。講義用のレジュメを配付します。

  関連科目
原価計算論B,管理会計論A・B,財務会計論A・B,簿記論A・B

  リンク先ホームページアドレス
 
  備考  

000336
戻る シラバストップへ戻る


富山大学 SYLLABUS
 2019年度 戻る シラバストップへ戻る
PDF生成
経済学部経営学科
授業科目名
原価計算論‐A  マイシラバス
英語名

Cost Accounting‐A 

担当教員

真部 典久(経済学部) 

授業科目区分

専門教育科目 昼間主開講・基礎科目 

授業種別

講義科目 

COC+科目

開講学期

第1ターム・月曜3限
第1ターム・水曜1限 

対象所属

 

対象学生

2年 

時間割コード

130109 

単位数

2単位 

1B2-39032-0500

最終更新日時

19/04/15 

オフィスアワー

  

更新日  

  

授業のねらいとカリキュラム上の位置付け

企業経営において原価(コスト)を無視することはできません。とりわけ,今日の競争的な経営環境にあっては,原価を考慮した経営活動がいっそう求められています。本講義で扱う「原価計算」とは,企業に投入される経営資源(原材料,労働力,機械設備,その他)が製品・サービスに変換されていく一連の過程を貨幣価値的に測定するための技術体系を指します。企業の構成員は,財務諸表作成,原価管理,利益管理,価格設定など,経営の様々な局面において,原価計算システムから提供される原価情報を使用します。

・講義の目的−原価計算の手続き,仕組み,計算ロジック,ならびに原価情報の活用方法の習得
・講義の方法−配付プリントに沿った解説と計算練習の実施
 

教育目標

  

達成目標

・原価計算の概念や基本的な考え方を説明できるようになること
・各種データから,必要とされる原価情報を算出できるようになること 

授業計画

授業は以下のように進めていく予定です。

01 講義ガイダンス
02 原価計算の展開と基礎概念
03 材料費の計算(1)
04 材料費の計算(2)
05 労務費の計算
06 経費の計算
07 製造間接費の計算
08 部門別計算(1)
09 部門別計算(2)
10 個別原価計算
11 総合原価計算(1)
12 総合原価計算(2)
13 総合原価計算(3)
14 総合原価計算(4)
15 前半のまとめと質疑応答 

授業時間外学修

各回の授業は相互に関連しているため,復習(自習)は怠らないで下さい(授業に出席しているだけでは単位は修得できません)。 

キーワード

原価概念,製造原価の計算 

履修上の注意

・多数の会計上の概念を扱います。そのため本講義の履修に際し,「会計学入門」の単位を修得済みであることが望ましいです。
・授業中に計算練習を行うので電卓を持参して下さい(試験の際,携帯電話等の電卓機能の使用は不可)。
・私語は厳禁です。 

成績評価の方法

学期末試験(100%)の結果に基づき評価します。 

図書館蔵書検索

教科書は使用しません。講義用のレジュメを配付します。 

関連科目

原価計算論B,管理会計論A・B,財務会計論A・B,簿記論A・B 

リンク先ホームページアドレス

  

備考

  



戻る シラバストップへ戻る
PDF生成 マイシラバスリスト

ページの先頭へ