UNIVERSITY OF TOYAMA SYLLABUS 富山大学
2019年度 授業案内
戻る シラバストップへ戻る
>> 経済学部経営法学科
  授業科目名
商法総則・商行為法‐A マイシラバス
  (英文名)
General Principles of Commercial Law‐A
  担当教員(所属)
増田 友樹(経済学部)
  授業科目区分
専門教育科目 昼間主開講・発展科目
  授業種別
講義科目
  COC+科目
-
  開講学期
第1ターム・月曜1限
第1ターム・木曜3限

  対象所属

  対象学年
2年
  時間割コード
130103
  単位数
2単位
  ナンバリングコード
1B3-36063-1700
  最終更新日時
19/04/10

  オフィスアワー(自由質問時間)
 

  リアルタイム・アドバイス:更新日   
 

  授業のねらいとカリキュラム上の位置付け(一般学習目標)
 本授業では、商法総則および商行為法を学びます。
 商法総則は、商人や商号など、商取引を円滑に行うための基礎となる部分を規定しており、制度的なインフラの役割を果たしています。商法総則が、実際の商取引において具体的にどのような意義を有しているのかを理解しましょう。
 また、商行為法は、民法の特則として、様々な商取引について規定しています。ここでは、民法と商行為法の違いやなぜ民法とは異なる定めが設けられているのかを理解しましょう。
 なお、本授業では、商法総則・商行為法だけでなく、必要な範囲で商人と消費者の間の取引についても取り上げます。



  教育目標
 

  達成目標
 達成目標は、以下のとおりです。 
・商法総則や商行為法の規定が、実際の経済活動において、どのような意義を有するのかを理解する。
・具体的な事案における商法の規定の適用・解釈を行うことができる。


  授業計画(授業の形式、スケジュール等)
 本授業ではレジュメを配布します。

 スケジュールは、以下のとおりです。なお、受講者の興味や進捗状況などで変更する場合があります。

第1回 イントロダクション
第2回 商法総則@総論
第3回 商法総則A商人・商行為
第4回 商法総則B商業登記
第5回 商法総則C商号
第6回 商法総則D名板貸
第7回 商法総則E営業
第8回 商法総則F商業使用人
第9回 商法総則G代理商
第10回 商行為法@総論
第11回 商行為法A商事売買(1)
第12回 商行為法B商事売買(2)
第13回 商行為法C消費者売買(1)
第14回 商行為法D消費者売買(2)
第15回 期末試験


  授業時間外学修
 (事前学修)
 次回の授業で扱われる箇所にあらかじめ目を通しておくことが望ましいです。
 (事後学修)
 授業中に扱った内容について、自身の言葉で説明できるようにしておいてください。


  キーワード
 商法総則、商行為法

  履修上の注意
 

  成績評価の方法
 期末試験(100%)

  教科書・参考書等    図書館蔵書検索
 教科書は特に指定しません。参考書として、以下のものが挙げられます。
・近藤光男『商法総則・商行為法〔第8版〕』(有斐閣、2019年)
・北村雅史編『商法総則・商行為法』(法律文化社、2018年)
・江頭憲治郎『商取引法〔第8版〕』(弘文堂、2018年)


  関連科目
 

  リンク先ホームページアドレス
 
  備考  

000305
戻る シラバストップへ戻る


富山大学 SYLLABUS
 2019年度 戻る シラバストップへ戻る
PDF生成
経済学部経営法学科
授業科目名
商法総則・商行為法‐A  マイシラバス
英語名

General Principles of Commercial Law‐A 

担当教員

増田 友樹(経済学部) 

授業科目区分

専門教育科目 昼間主開講・発展科目 

授業種別

講義科目 

COC+科目

開講学期

第1ターム・月曜1限
第1ターム・木曜3限 

対象所属

 

対象学生

2年 

時間割コード

130103 

単位数

2単位 

1B3-36063-1700

最終更新日時

19/04/10 

オフィスアワー

  

更新日  

  

授業のねらいとカリキュラム上の位置付け

 本授業では、商法総則および商行為法を学びます。
 商法総則は、商人や商号など、商取引を円滑に行うための基礎となる部分を規定しており、制度的なインフラの役割を果たしています。商法総則が、実際の商取引において具体的にどのような意義を有しているのかを理解しましょう。
 また、商行為法は、民法の特則として、様々な商取引について規定しています。ここでは、民法と商行為法の違いやなぜ民法とは異なる定めが設けられているのかを理解しましょう。
 なお、本授業では、商法総則・商行為法だけでなく、必要な範囲で商人と消費者の間の取引についても取り上げます。

 

教育目標

  

達成目標

 達成目標は、以下のとおりです。 
・商法総則や商行為法の規定が、実際の経済活動において、どのような意義を有するのかを理解する。
・具体的な事案における商法の規定の適用・解釈を行うことができる。 

授業計画

 本授業ではレジュメを配布します。

 スケジュールは、以下のとおりです。なお、受講者の興味や進捗状況などで変更する場合があります。

第1回 イントロダクション
第2回 商法総則@総論
第3回 商法総則A商人・商行為
第4回 商法総則B商業登記
第5回 商法総則C商号
第6回 商法総則D名板貸
第7回 商法総則E営業
第8回 商法総則F商業使用人
第9回 商法総則G代理商
第10回 商行為法@総論
第11回 商行為法A商事売買(1)
第12回 商行為法B商事売買(2)
第13回 商行為法C消費者売買(1)
第14回 商行為法D消費者売買(2)
第15回 期末試験
 

授業時間外学修

 (事前学修)
 次回の授業で扱われる箇所にあらかじめ目を通しておくことが望ましいです。
 (事後学修)
 授業中に扱った内容について、自身の言葉で説明できるようにしておいてください。
 

キーワード

 商法総則、商行為法 

履修上の注意

  

成績評価の方法

 期末試験(100%) 

図書館蔵書検索

 教科書は特に指定しません。参考書として、以下のものが挙げられます。
・近藤光男『商法総則・商行為法〔第8版〕』(有斐閣、2019年)
・北村雅史編『商法総則・商行為法』(法律文化社、2018年)
・江頭憲治郎『商取引法〔第8版〕』(弘文堂、2018年)
 

関連科目

  

リンク先ホームページアドレス

  

備考

  



戻る シラバストップへ戻る
PDF生成 マイシラバスリスト

ページの先頭へ