UNIVERSITY OF TOYAMA SYLLABUS 富山大学
2019年度 授業案内
戻る シラバストップへ戻る
>> 経済学部経営学科
  授業科目名
特殊講義 人材開発とコミュニケーションA マイシラバス
  (英文名)

  担当教員(所属)
岸本 壽生(経済学部)
  授業科目区分
専門教育科目 昼間主開講科目
  授業種別
講義科目
  COC+科目
-
  開講学期
前期・火曜3限
  対象所属

  対象学年
3年
  時間割コード
130022
  単位数
2単位
  ナンバリングコード
 
  最終更新日時
19/03/11

  オフィスアワー(自由質問時間)
 

  リアルタイム・アドバイス:更新日   
本講義は、キャリア開発、人材育成、カウンセリング、およびマネジメントのコンサルタント会社である株式会社理想経営の全面協力により開講されている授業です。
真剣に授業を履修することが前提です。
講義中にグループワークを行うので、毎回必ず出席してください。


  授業のねらいとカリキュラム上の位置付け(一般学習目標)
【講座の目的】
自律的キャリア形成とは何かを理解し、自らのキャリアを主体的に考え行動できる人材となる

就職活動は「就職できたらゴール」ではない。
今このときが、自分のキャリアを築いていくスタートであり、最初のハードルを越える準備の期間である。自分に とってより良いキャリアを歩むための、自己理解・就職先分析・キャリアビジョンの策定・アクションプランの作成について、理論を学び実践することを目標とする。


  教育目標
 

  達成目標
キャリアを形成する上で大切にしたい価値観や興味の方向性、発揮したい強みなどを明らかにし、自律的なキャリア形成に向けた肯定感のある軸を形成する。
また、キャリアデザインの構造に沿って、迫る職業選択・進路選択に向けた目標と行動計画を策定し、望ましいキャリア形成への第一歩を踏み出す。


  授業計画(授業の形式、スケジュール等)
第1回 オリエンテーション: キャリアとは、自律とは、人生グラフ
■キャリア・自律・社会人と学生の違い理解する。
■自律的キャリア形成が求められる背景について理解する
■人生グラフを共有し、ひとりひとりのモチベーションの源泉が異なることを理解する。
第2回 私らしさとは: 社会行動特性、長所・短所・強み・弱み
■自身のコミュニケーションスタイルを知る。■自分の特性の強みや弱みを実感する。■強みを認識し、成長させていく重要性を知る。■弱みを成長の伸びしろとして取り込む。
第3回 人生役割とモチベーション: モチベーションの源泉、内発的動機と外発的動機
■キャリアとは、人生のある年齢や場面の様々な役割の組み合わせであることを理解する。■自己分析の重要性を知る。■外発的動機・内発的動機の違いを理解する
第4回 価値観の探索:価値観の探索
■価値観の探索を通し、職業選択で重要視するものを考察する。■内発的動機を明確にすることの重要性を知る。
第5回 興味・能力の探索: 能力の構造、興味・能力の探索
■自分の能力と興味の方向性を明確にする。■能力や興味の方向性を基に、自分の将来の職業について検討する
第6回 私らしい貢献を考える:コンセンサスゲーム
■グループとチームの違いを知る■私らしい貢献について考える。
第7回 他己分析: 自己分析のまとめ、自己開示の体験、他者からみたわたし
■「自己分析まとめシート」の作成
第8回 職業研究: 業界・業種・職種の違い、職種の認知、適性とは
■環境分析の必要性を理解する。■業界・業種・職種の違いを理解し、職業選択への切り口を増やす。■世の中に存在する職種の種類や数を認識する。■職種の持ち味を理解し、自分の強みや興味と重ね合わせる。
第9回 企業研究: 企業研究の必要性、企業研究の体験
■企業研究の方法を身に付け、多様な側面から分析ができるようになる。
第10回 社会人と語る働く意味と就職活動とは:働く意味とは 就職活動とは
■働く意味について考える。■就職活動の意味について考える。■働く意味や就職活動の目的を自分の言葉でまとめてみる。
第11回 応募書類作成: 文章作成のポイント、自己PR作成
■応募書類の種類と注意点を理解する。■これまで行った自己分析、環境分析をもとに履歴書の自己PR欄を作成する
第12回 プレゼンテーション: プレゼンテーション、伝わる文章校正のコツ、非言語情報の重要性
■対面で人に伝える際の注意点やポイントを理解する。■就職活動の面接では、限られた時間の中でプレゼンテーションをしなければならないことを理解する。■非言語情報も自分を印象付ける要因になっていることを理解する。■PREP法など相手に伝えるための文章構成を理解し活用する。
第13回 計画的偶然性: ハップンスタンスラーニングセオリー
■偶然の出来事は人のキャリアに大きな影響を及ぼすことを理解する。■偶然の出来事をチャンスや好機に変えるための5つのスキルについて理解する。■スティーブ・ジョブズのスピーチを聴き、ワークを通してキャリア形成への気付きを得る。
第14回 私のキャリアストーリー: 傾聴とは、人生をデザインする力
■傾聴について理解する■傾聴を活かして他者の話を聴く■自律的にキャリアをデザインする必要性を理解する。■インタビューを通して、私らしさをまとめる
■ワークを通してキャリア形成への気付きを得る。
第15回 目標設定と行動計画: 職業選択へ向けた目標、目標に向けた行動計画
■職業選択に向けた目標を設定する。■目標達成に向けて取り組みたい事柄と行動計画を考える。■実際に行動レベルで実現できるよう、明日から始められる目標達成へ向けた第一歩を考え発表する。


  授業時間外学修
事前学習は、テキストをのによみこみ次回の講義部分を読み混むんで授業に備え、また、与えられたタスクを行うことこと。
事後学修は、テキストの内容を確認し、振り返りの課題を行うこと。


  キーワード
キャリアビジョン、モチベーション、職業選択、自己理解、社会的能力分析

  履修上の注意
火曜3限Aと火曜4限Bの講義は、同一内容です。重複履修はできません。
(対象学年)
本講義は、3年生のみの履修です(4年生以上で履修希望する方は、定員を超過していない場合のみ受講できます。事前にコーディネーター岸本まで連絡すること)。
(履修定員)
教育効果の上から、履修定員は60名程度です。
(履修申込)
開講時に履修定員を越えた場合は、第1回目の授業の際に抽選を行います。


  成績評価の方法
成績評価は以下を予定しております。
期末:レポート・課題
期中:小テスト(小論文)(複数回)


  教科書・参考書等    図書館蔵書検索
本講座専用テキスト:『学生のうちに知っておきたい「キャリアの理論と実践」』
(予定価格¥3,150−(税込))
生協でのみ販売いたします。講義中、ワークシートを利用しますので、履修者は必ず購入してください。
購入しないと履修できない場合があります。


  関連科目
 

  リンク先ホームページアドレス
問合せ先 http://www.kishimoto-office.com/
  備考  

000520
戻る シラバストップへ戻る


富山大学 SYLLABUS
 2019年度 戻る シラバストップへ戻る
PDF生成
経済学部経営学科
授業科目名
特殊講義 人材開発とコミュニケーションA  マイシラバス
英語名

 

担当教員

岸本 壽生(経済学部) 

授業科目区分

専門教育科目 昼間主開講科目 

授業種別

講義科目 

COC+科目

開講学期

前期・火曜3限 

対象所属

 

対象学生

3年 

時間割コード

130022 

単位数

2単位 

 

最終更新日時

19/03/11 

オフィスアワー

  

更新日  

本講義は、キャリア開発、人材育成、カウンセリング、およびマネジメントのコンサルタント会社である株式会社理想経営の全面協力により開講されている授業です。
真剣に授業を履修することが前提です。
講義中にグループワークを行うので、毎回必ず出席してください。
 

授業のねらいとカリキュラム上の位置付け

【講座の目的】
自律的キャリア形成とは何かを理解し、自らのキャリアを主体的に考え行動できる人材となる

就職活動は「就職できたらゴール」ではない。
今このときが、自分のキャリアを築いていくスタートであり、最初のハードルを越える準備の期間である。自分に とってより良いキャリアを歩むための、自己理解・就職先分析・キャリアビジョンの策定・アクションプランの作成について、理論を学び実践することを目標とする。 

教育目標

  

達成目標

キャリアを形成する上で大切にしたい価値観や興味の方向性、発揮したい強みなどを明らかにし、自律的なキャリア形成に向けた肯定感のある軸を形成する。
また、キャリアデザインの構造に沿って、迫る職業選択・進路選択に向けた目標と行動計画を策定し、望ましいキャリア形成への第一歩を踏み出す。 

授業計画

第1回 オリエンテーション: キャリアとは、自律とは、人生グラフ
■キャリア・自律・社会人と学生の違い理解する。
■自律的キャリア形成が求められる背景について理解する
■人生グラフを共有し、ひとりひとりのモチベーションの源泉が異なることを理解する。
第2回 私らしさとは: 社会行動特性、長所・短所・強み・弱み
■自身のコミュニケーションスタイルを知る。■自分の特性の強みや弱みを実感する。■強みを認識し、成長させていく重要性を知る。■弱みを成長の伸びしろとして取り込む。
第3回 人生役割とモチベーション: モチベーションの源泉、内発的動機と外発的動機
■キャリアとは、人生のある年齢や場面の様々な役割の組み合わせであることを理解する。■自己分析の重要性を知る。■外発的動機・内発的動機の違いを理解する
第4回 価値観の探索:価値観の探索
■価値観の探索を通し、職業選択で重要視するものを考察する。■内発的動機を明確にすることの重要性を知る。
第5回 興味・能力の探索: 能力の構造、興味・能力の探索
■自分の能力と興味の方向性を明確にする。■能力や興味の方向性を基に、自分の将来の職業について検討する
第6回 私らしい貢献を考える:コンセンサスゲーム
■グループとチームの違いを知る■私らしい貢献について考える。
第7回 他己分析: 自己分析のまとめ、自己開示の体験、他者からみたわたし
■「自己分析まとめシート」の作成
第8回 職業研究: 業界・業種・職種の違い、職種の認知、適性とは
■環境分析の必要性を理解する。■業界・業種・職種の違いを理解し、職業選択への切り口を増やす。■世の中に存在する職種の種類や数を認識する。■職種の持ち味を理解し、自分の強みや興味と重ね合わせる。
第9回 企業研究: 企業研究の必要性、企業研究の体験
■企業研究の方法を身に付け、多様な側面から分析ができるようになる。
第10回 社会人と語る働く意味と就職活動とは:働く意味とは 就職活動とは
■働く意味について考える。■就職活動の意味について考える。■働く意味や就職活動の目的を自分の言葉でまとめてみる。
第11回 応募書類作成: 文章作成のポイント、自己PR作成
■応募書類の種類と注意点を理解する。■これまで行った自己分析、環境分析をもとに履歴書の自己PR欄を作成する
第12回 プレゼンテーション: プレゼンテーション、伝わる文章校正のコツ、非言語情報の重要性
■対面で人に伝える際の注意点やポイントを理解する。■就職活動の面接では、限られた時間の中でプレゼンテーションをしなければならないことを理解する。■非言語情報も自分を印象付ける要因になっていることを理解する。■PREP法など相手に伝えるための文章構成を理解し活用する。
第13回 計画的偶然性: ハップンスタンスラーニングセオリー
■偶然の出来事は人のキャリアに大きな影響を及ぼすことを理解する。■偶然の出来事をチャンスや好機に変えるための5つのスキルについて理解する。■スティーブ・ジョブズのスピーチを聴き、ワークを通してキャリア形成への気付きを得る。
第14回 私のキャリアストーリー: 傾聴とは、人生をデザインする力
■傾聴について理解する■傾聴を活かして他者の話を聴く■自律的にキャリアをデザインする必要性を理解する。■インタビューを通して、私らしさをまとめる
■ワークを通してキャリア形成への気付きを得る。
第15回 目標設定と行動計画: 職業選択へ向けた目標、目標に向けた行動計画
■職業選択に向けた目標を設定する。■目標達成に向けて取り組みたい事柄と行動計画を考える。■実際に行動レベルで実現できるよう、明日から始められる目標達成へ向けた第一歩を考え発表する。 

授業時間外学修

事前学習は、テキストをのによみこみ次回の講義部分を読み混むんで授業に備え、また、与えられたタスクを行うことこと。
事後学修は、テキストの内容を確認し、振り返りの課題を行うこと。 

キーワード

キャリアビジョン、モチベーション、職業選択、自己理解、社会的能力分析 

履修上の注意

火曜3限Aと火曜4限Bの講義は、同一内容です。重複履修はできません。
(対象学年)
本講義は、3年生のみの履修です(4年生以上で履修希望する方は、定員を超過していない場合のみ受講できます。事前にコーディネーター岸本まで連絡すること)。
(履修定員)
教育効果の上から、履修定員は60名程度です。
(履修申込)
開講時に履修定員を越えた場合は、第1回目の授業の際に抽選を行います。
 

成績評価の方法

成績評価は以下を予定しております。
期末:レポート・課題
期中:小テスト(小論文)(複数回)
 

図書館蔵書検索

本講座専用テキスト:『学生のうちに知っておきたい「キャリアの理論と実践」』
(予定価格¥3,150−(税込))
生協でのみ販売いたします。講義中、ワークシートを利用しますので、履修者は必ず購入してください。
購入しないと履修できない場合があります。
 

関連科目

  

リンク先ホームページアドレス

問合せ先 http://www.kishimoto-office.com/ 

備考

  



戻る シラバストップへ戻る
PDF生成 マイシラバスリスト

ページの先頭へ