UNIVERSITY OF TOYAMA SYLLABUS 富山大学
2019年度 授業案内
戻る シラバストップへ戻る
>> 教養教育
  授業科目名
経営資源のとらえ方 マイシラバス
  (英文名)
Management Resources
  担当教員(所属)
鈴木 基史(経済学部)
  授業科目区分
教養教育科目 社会科学系
  授業種別
講義科目
  COC+科目
-
  開講学期
後期・水曜2限
  対象所属

  対象学年
1、2、3、4年
  時間割コード
102434
  単位数
2単位
  ナンバリングコード
1X1-00021-0800
  最終更新日時
19/05/24

  オフィスアワー(自由質問時間)
 

  リアルタイム・アドバイス:更新日   
 

  授業のねらいとカリキュラム上の位置付け(一般学習目標)
企業が報告している財務会計情報がどのようなものであるか、それはどのように作成されているのかなど基礎的な会計学の内容を身につけてもらうことを目的とする。また会計学は新聞記事を読むなどビジネスマンの基礎的素養として必要不可欠な学問であるので新聞記事などのも教材として使用し、その内容の理解ができるようになることを目的とする。

  教育目標
 

  達成目標
 経済記事を読むことができるようになる。これから学習する科目の基礎を身につける。

  授業計画(授業の形式、スケジュール等)
 会計学の知識は経営学や経済学を理解する上でも新聞の経済記事を理解する上でも非常に有意義なものであるので、授業では積極的に新聞記事などを利用するので授業に使用した専門用語などはしっかりと身につけてもらいたい。
"会計学の理解のために基礎理論とその時々のトピックを新聞記事などを用いて説明し、会計学の重要性を理解してもらう。

第1回 会計の意義と領域
第2回 会計情報の利用
第3回 会計情報の読み方(1)
     会社の財産状況を見る
第4回 会計情報の読み方(2)
     会社の経営成績をみる
第5回 貸借対照表と損益計算書の関係
第6回 会計情報の利用(1)
     収益性の分析
第7回 会計情報の利用(2)
     ROEの分析
第8回 会計情報の利用(3)
     安全性の分析
第9回 会計情報の作り方(1)
     簿記の役割
第10回 会計情報の作り方(2)
     取引の記帳・仕訳の仕組み
第11回 会計情報の作り方(3)
     決算書が作られるまで
第12回 会計情報のディスクロージャー
第13回 原価計算の役割
第14回 管理会計論必要性と内容
第15回 まとめ



  授業時間外学修
事前学習:これまでの学習したことを確認する。
事後学習:授業内容を復習しキーワードを理解する。


  キーワード
 

  履修上の注意
 

  成績評価の方法
定期試験と小テストで評価する。

  教科書・参考書等    図書館蔵書検索
講義の最初で指示する。

  関連科目
 

  リンク先ホームページアドレス
 
  備考  

000488
戻る シラバストップへ戻る


富山大学 SYLLABUS
 2019年度 戻る シラバストップへ戻る
PDF生成
教養教育
授業科目名
経営資源のとらえ方  マイシラバス
英語名

Management Resources 

担当教員

鈴木 基史(経済学部) 

授業科目区分

教養教育科目 社会科学系 

授業種別

講義科目 

COC+科目

開講学期

後期・水曜2限 

対象所属

 

対象学生

1、2、3、4年 

時間割コード

102434 

単位数

2単位 

1X1-00021-0800

最終更新日時

19/05/24 

オフィスアワー

  

更新日  

  

授業のねらいとカリキュラム上の位置付け

企業が報告している財務会計情報がどのようなものであるか、それはどのように作成されているのかなど基礎的な会計学の内容を身につけてもらうことを目的とする。また会計学は新聞記事を読むなどビジネスマンの基礎的素養として必要不可欠な学問であるので新聞記事などのも教材として使用し、その内容の理解ができるようになることを目的とする。 

教育目標

  

達成目標

 経済記事を読むことができるようになる。これから学習する科目の基礎を身につける。 

授業計画

 会計学の知識は経営学や経済学を理解する上でも新聞の経済記事を理解する上でも非常に有意義なものであるので、授業では積極的に新聞記事などを利用するので授業に使用した専門用語などはしっかりと身につけてもらいたい。
"会計学の理解のために基礎理論とその時々のトピックを新聞記事などを用いて説明し、会計学の重要性を理解してもらう。

第1回 会計の意義と領域
第2回 会計情報の利用
第3回 会計情報の読み方(1)
     会社の財産状況を見る
第4回 会計情報の読み方(2)
     会社の経営成績をみる
第5回 貸借対照表と損益計算書の関係
第6回 会計情報の利用(1)
     収益性の分析
第7回 会計情報の利用(2)
     ROEの分析
第8回 会計情報の利用(3)
     安全性の分析
第9回 会計情報の作り方(1)
     簿記の役割
第10回 会計情報の作り方(2)
     取引の記帳・仕訳の仕組み
第11回 会計情報の作り方(3)
     決算書が作られるまで
第12回 会計情報のディスクロージャー
第13回 原価計算の役割
第14回 管理会計論必要性と内容
第15回 まとめ

 

授業時間外学修

事前学習:これまでの学習したことを確認する。
事後学習:授業内容を復習しキーワードを理解する。 

キーワード

  

履修上の注意

  

成績評価の方法

定期試験と小テストで評価する。 

図書館蔵書検索

講義の最初で指示する。 

関連科目

  

リンク先ホームページアドレス

  

備考

  



戻る シラバストップへ戻る
PDF生成 マイシラバスリスト

ページの先頭へ