UNIVERSITY OF TOYAMA SYLLABUS 富山大学
2019年度 授業案内
戻る シラバストップへ戻る
>> 教養教育
  授業科目名
時事的問題 マイシラバス
  (英文名)

  担当教員(所属)
高山 龍太郎(経済学部)
  授業科目区分
教養教育科目 総合科目系
  授業種別
講義科目
  COC+科目
-
  開講学期
前期・その他
  対象所属
教養教育科目
  対象学年
1、2、3、4年
  時間割コード
101701
  単位数
2単位
  ナンバリングコード
1X1-00041-1900
  最終更新日時
19/08/29

  オフィスアワー(自由質問時間)
 

  リアルタイム・アドバイス:更新日  19/07/17
この授業は集中講義で行います。

日程は、2019年8月30日現在、以下のように予定しています。

(終了)6月8日(土)3限西野 4限佐藤 5限西野・佐藤(ワークショップ)

9月18日(水)3限佐藤 4限佐藤 5限佐藤・西野(ワークショップ)
9月19日(木)2限西野 3限ストランデル 4限大野 5限大野・西野(ワークショップ)
9月20日(金)1限大野 2限横塚 3限横塚 4限横塚・大野・西野(ワークショップ) 5限レポート作成



  授業のねらいとカリキュラム上の位置付け(一般学習目標)
タイトル:どうする日本!!「不安な日本と地球規模の社会課題をどのように解決していくべきか!」

授業では日頃学生の皆さんが触れること無い、色々な経験を持たれた講師の面々が講義をします。

20世紀は劇的な変化と進化が起こった世紀です。その結果、世界第3位の経済大国になりましたが、日本国内だけでも環境問題、高齢化・少子化・不正規雇用の増加など課題や問題が起こっています。

地球規模でも人口増加や食料、水資源などの問題が今後起こっています。

今の経済成長モデルでは地球自身が行き詰まる事が見えて来ています。

当然、若い皆さんの将来に対する不安は益々大きくなっています。
また、社会がデジタルネットワークの発達により大きく変革しようとしております。
皆さんが今後の人生で主人公として生きる21世紀にどのような視点と考え方そして行動が求められているか、いかに学習をすることが重要であるか。今後の大学生活に新しい視点を与える講義です。
各界で研鑽と活躍をしている方々から生の経験と知識と共にそれぞれの人生観の話も含めて授業を進めます。講師と学生との双方向のパネルディスカッションや学生を5名程度のグループに分けてワークショップも行います。参加した学生の評価が大変高い授業内容です。
この授業を受講した前と後で大学生活見直すことなる事は間違いありません。

各分野での実務経験を有する学外者を講師(ゲストスピーカー)として招き,その実務経験を踏まえ,より実践的な講義を提供します。


  教育目標
 

  達成目標
<西野>
自分がどの時代に生を受けるかを自らが決めることはできません。その時代にあった責任が一人ひとりに求められていることを忘れた人生は歩むべきではありません。自立した人間が必ず人生を楽しむことが出来ると考えます。
大きく世の中を進化させるデジタルネットワークの大きな社会の影響なども解説します。
講義後レポートの提出を求めますが、その中で自分の考えを、これからの貴重な人生のためにきちんと書いてもらいたいと思います。また、パネルディスカッション・グループワークなどもありますので、積極的な質問や意見と議論への参加を期待します。

<ストランデル>
福祉や日本とスウェーデンという国のベースとなる理解と知識や違いなどを認識する。
両国の違いを考える事により今後の福祉・介護への理解を深める。

<横塚>
最大手の保険会社経営幹部及び関係会社の社長を勤め、現在、日本の大企業の未来改革を推進している経験から講義をするので、今後の自己の成長や方向性をワークショップなどで議論できるようになる。

<佐藤>
メール、ブログ、Twitterなどコミュニケーション手段も多様になってきています。普段、何気なく簡単に使われる「コミュニケーション」のもつ意味や機能について、コンサルティングファームにおける経験に社会心理学の視点を交えながら講義を行います。講義通じて、コミュニケーションを適切にとるためには、自らが考えることの重要性とそのために必要なことを、自分自身で考えてもらいたいと考えています。その結果として、自分が考えていることを他人に正しく理解してもらうための工夫と、その必要性について、レポートを作成する中で模索していただきたいと思います。

<大野>
将来の自分のために学生生活の今何をやるべきか、社会人になるための知識を蓄え、「何のために働くのか」の目的と目標を明確にできることをこの講座の達成目標とします。また自分自身の存在価値を高め、社会に出て遭遇する方々とのコミュニケーションが円滑にできるよう思考・行動・接し方の基本として礼儀作法・マナーの重要性をあわせて理解していただければと思います。


  授業計画(授業の形式、スケジュール等)
授業は、集中講義でおこないます。
日程は未定です。日程が確定次第、掲示しますので、掲示に注意をしてください。

講師の皆さんは、東京など遠方から来られるお忙しい方々です。
土曜日に授業を実施するなど変則的な日程になることが予想されるので、履修希望の学生は、覚悟のうえ受講してください。
集中講義が始まる前に、必ず日程を確認してください。

【1.テーマ、2.講義概略】

西野 弘(デジタルビジネスイノベーションセンター副代表)
1.日本の明るい未来とはどんなものか?
2.日本がなぜ不安が大きな社会になってしまったのか?日本人として今考えるべきこと。
1時限:20世紀から21世紀にかけて経済・社会・人財がどのように変化したのかの考察
2−3時限:自らの人生を今後どのように生きることが大事になってくるのか。
4−5時限:特別講師も含めて西野と討議形式(学生も参加型)

グスタフ・ストランデル(老人介護ホーム、株式会社舞浜倶楽部代表取締役)
1. 日本の少子高齢社会における家族と社会の役割──スウェーデンからのメッセージ
2. スウェーデンの有名な福祉国家の表と裏を紹介したいと思います。そして、その福祉国家を理解するための基にある理念を紹介します:平等・自立・自己決定。福祉の始まりとそれにおける人間の美しいもの:Empathy・共感及び感情移入。それからEmpathyとその間違えた「優しさ」の福祉に対する影響。様々な国の福祉を支えるシステムの共通点と違い:人権・影響と参加。少子高齢者社会と投票率の関係。 

横塚裕 (NPO法人CeFIL理事長、デジタルビジネスイノベーションセンター代表)
1. ITからデジタルテクノロジー社会へ
2. 今後生きていくにあたっての大事な事
@ 長い人生で何を大事に活きていくべきかの視点
A 企業人として考えておかなければいけない事。

佐藤 慎悟(大学経営コンサルタント)
1. 自らが考える価値基準を持つ意味
2. 大学生活と将来の社会生活はどのようにつながっているか、また、いわゆる「ばら色の人生」は存在するのか。自分の立ち位置から見えるものをどう判断していくことができるのか、などについて議論をしていきたい。
@個人と社会のかかわりなど社会心理学の視点を取り込んだ考察を行う。
A価値、判断などを下すプロセスの考察を行う。

大野裕子 (株式会社ビジネスリファイン代表取締役)
1. 35歳までの私のライフプランニング
2. 男女共同参画社会の日本の現状ですが、政治、経済界における意思決定に参加できるかどうかの指数GEM(ジェンダー・エンパワーメント指数)において日本は108カ国中、58位、世界で遅れを取っている現状です。働く女性側の意識開発も必要ですが、男女を通してワークスタイルや、ワークライフバランスの基準を考えることが必要な時代となっています。
@35歳までのキャリアアップのために、どういう生き方をしていけばよいのか心構えを知り、具体的なキャリア形成のために必要なことを学びます。就職活動を前に人生の目的「到達すべき理想・夢・志・方向性」と目標「目的に到達するための手段・計画・実施・プロセス」が明確になれば、自分に足りないものは何か、これから必要とされることは何かが見えてくるはずです。
A社会人として個人と個人のつながりを大切にする思考・行動・接し方の基本として礼儀作法・マナーの重要性を学び、自分自身の存在価値を高めていただきます。


  授業時間外学修
グループウエアを使って、事前・事後学習をおこなう。

  キーワード
IT 教育 福祉 経済 政治 ビジネス、人生論、キャリアパス論、実務経験教員科目



  履修上の注意
※注意※
 この授業は、人気が高く、多数の学生が履修を希望します。ほんとうに授業を受けたい人だけ履修してください。
 この授業では、事前学習のために、受講生の電子メールアドレスを登録してもらう予定です。履修者の決定後に、登録方法を指示しますので、掲示などに注意してください。
ワークショップやグループディスカッションなど多様な授業を実施します。

【講師の自己紹介】
<ストランデル>
17歳の時日本に初めて来た。成田空港に着いた私の荷物の半分以上が剣道の防具。ホームステイして、何度も行ったり来たりした。日本の彼女が出来て、そして振られたら「手酌酒と演歌いう言葉はストックホルム大学の日本語教科書にないでしょ」という風に日本のホストファザーに聞かれて、日本のおじさんの心の勉強実績あり。スウェーデン大使館で研修をして、福祉のテーマの修士論文を作成してからスウェーデン福祉研究所の代表として日本全国をどさ周りしている。

<横塚裕>
東京海上日動保険常務取締役、東京海上システムズ代表取締役社長を務め、現在NPO法人CeFIL会長、情報産業サービス協会会長を務める。
昨年、大企業のデジタルビジネスを推進するデジタルビジネスイノベーションセンターを設立。

<佐藤>
大学卒業後、民間シンクタンクに入社。官公庁の基礎調査や政策提言などを担当。95年にアーサーアンダーセン(現プライスウォーターハウスクーパース)に入社。民間企業のグループ経営のコンサルティングを経て、官公庁サービス事業を立上げ、現在に至る。現在、大学や研究機関のコンサルティング事業を担当している。

<大野裕子>福岡在住
テレビ西日本事業部を経て、九州最大の派遣会社の立ち上げに携わり、90年に株式会社ビジネスリファインを創業。「女性が活躍できる社会は美しい」という信念のもと、社員教育や研修事業、人材派遣、人材紹介事業などで働く女性、働きたい女性、企業とが共に成長する関係作りをサポートするウーマンリソーシングの事業を展開。2005年、大人が礼儀作法・文化教養を学ぶ、フィニッシングスクール インフィニ校長に就任。

<西野>
一昨年還暦60歳を迎えた。コンサルティング会社社長を25年務める。学んだ国は日本・スウェーデン・デンマーク。訪問した国は70ヶ国、話せる言葉は日本語・英語。勤めた会社は5社、設立した会社は5社。好ききな人材は好奇心旺盛な人。富山で好きなのは美味しい酒と米と魚。もちろん富山人も。やりたい事は「地球人」の育成。



  成績評価の方法
講義終了後にレポート提出の予定(100%)
講義中に創造型ワークショップを実施しますので積極的な参加と
議論への参加を期待します。


  教科書・参考書等    図書館蔵書検索
授業中に指示します。

  関連科目
 

  リンク先ホームページアドレス
 
  備考 先生は学外講師の皆さんですので、特にオフィスアワーは設けません。質問などは集中講義期間中にお願いします。

000344
戻る シラバストップへ戻る


富山大学 SYLLABUS
 2019年度 戻る シラバストップへ戻る
PDF生成
教養教育
授業科目名
時事的問題  マイシラバス
英語名

 

担当教員

高山 龍太郎(経済学部) 

授業科目区分

教養教育科目 総合科目系 

授業種別

講義科目 

COC+科目

開講学期

前期・その他 

対象所属

教養教育科目 

対象学生

1、2、3、4年 

時間割コード

101701 

単位数

2単位 

1X1-00041-1900

最終更新日時

19/08/29 

オフィスアワー

  

更新日 19/07/17

この授業は集中講義で行います。

日程は、2019年8月30日現在、以下のように予定しています。

(終了)6月8日(土)3限西野 4限佐藤 5限西野・佐藤(ワークショップ)

9月18日(水)3限佐藤 4限佐藤 5限佐藤・西野(ワークショップ)
9月19日(木)2限西野 3限ストランデル 4限大野 5限大野・西野(ワークショップ)
9月20日(金)1限大野 2限横塚 3限横塚 4限横塚・大野・西野(ワークショップ) 5限レポート作成

 

授業のねらいとカリキュラム上の位置付け

タイトル:どうする日本!!「不安な日本と地球規模の社会課題をどのように解決していくべきか!」

授業では日頃学生の皆さんが触れること無い、色々な経験を持たれた講師の面々が講義をします。

20世紀は劇的な変化と進化が起こった世紀です。その結果、世界第3位の経済大国になりましたが、日本国内だけでも環境問題、高齢化・少子化・不正規雇用の増加など課題や問題が起こっています。

地球規模でも人口増加や食料、水資源などの問題が今後起こっています。

今の経済成長モデルでは地球自身が行き詰まる事が見えて来ています。

当然、若い皆さんの将来に対する不安は益々大きくなっています。
また、社会がデジタルネットワークの発達により大きく変革しようとしております。
皆さんが今後の人生で主人公として生きる21世紀にどのような視点と考え方そして行動が求められているか、いかに学習をすることが重要であるか。今後の大学生活に新しい視点を与える講義です。
各界で研鑽と活躍をしている方々から生の経験と知識と共にそれぞれの人生観の話も含めて授業を進めます。講師と学生との双方向のパネルディスカッションや学生を5名程度のグループに分けてワークショップも行います。参加した学生の評価が大変高い授業内容です。
この授業を受講した前と後で大学生活見直すことなる事は間違いありません。

各分野での実務経験を有する学外者を講師(ゲストスピーカー)として招き,その実務経験を踏まえ,より実践的な講義を提供します。 

教育目標

  

達成目標

<西野>
自分がどの時代に生を受けるかを自らが決めることはできません。その時代にあった責任が一人ひとりに求められていることを忘れた人生は歩むべきではありません。自立した人間が必ず人生を楽しむことが出来ると考えます。
大きく世の中を進化させるデジタルネットワークの大きな社会の影響なども解説します。
講義後レポートの提出を求めますが、その中で自分の考えを、これからの貴重な人生のためにきちんと書いてもらいたいと思います。また、パネルディスカッション・グループワークなどもありますので、積極的な質問や意見と議論への参加を期待します。

<ストランデル>
福祉や日本とスウェーデンという国のベースとなる理解と知識や違いなどを認識する。
両国の違いを考える事により今後の福祉・介護への理解を深める。

<横塚>
最大手の保険会社経営幹部及び関係会社の社長を勤め、現在、日本の大企業の未来改革を推進している経験から講義をするので、今後の自己の成長や方向性をワークショップなどで議論できるようになる。

<佐藤>
メール、ブログ、Twitterなどコミュニケーション手段も多様になってきています。普段、何気なく簡単に使われる「コミュニケーション」のもつ意味や機能について、コンサルティングファームにおける経験に社会心理学の視点を交えながら講義を行います。講義通じて、コミュニケーションを適切にとるためには、自らが考えることの重要性とそのために必要なことを、自分自身で考えてもらいたいと考えています。その結果として、自分が考えていることを他人に正しく理解してもらうための工夫と、その必要性について、レポートを作成する中で模索していただきたいと思います。

<大野>
将来の自分のために学生生活の今何をやるべきか、社会人になるための知識を蓄え、「何のために働くのか」の目的と目標を明確にできることをこの講座の達成目標とします。また自分自身の存在価値を高め、社会に出て遭遇する方々とのコミュニケーションが円滑にできるよう思考・行動・接し方の基本として礼儀作法・マナーの重要性をあわせて理解していただければと思います。
 

授業計画

授業は、集中講義でおこないます。
日程は未定です。日程が確定次第、掲示しますので、掲示に注意をしてください。

講師の皆さんは、東京など遠方から来られるお忙しい方々です。
土曜日に授業を実施するなど変則的な日程になることが予想されるので、履修希望の学生は、覚悟のうえ受講してください。
集中講義が始まる前に、必ず日程を確認してください。

【1.テーマ、2.講義概略】

西野 弘(デジタルビジネスイノベーションセンター副代表)
1.日本の明るい未来とはどんなものか?
2.日本がなぜ不安が大きな社会になってしまったのか?日本人として今考えるべきこと。
1時限:20世紀から21世紀にかけて経済・社会・人財がどのように変化したのかの考察
2−3時限:自らの人生を今後どのように生きることが大事になってくるのか。
4−5時限:特別講師も含めて西野と討議形式(学生も参加型)

グスタフ・ストランデル(老人介護ホーム、株式会社舞浜倶楽部代表取締役)
1. 日本の少子高齢社会における家族と社会の役割──スウェーデンからのメッセージ
2. スウェーデンの有名な福祉国家の表と裏を紹介したいと思います。そして、その福祉国家を理解するための基にある理念を紹介します:平等・自立・自己決定。福祉の始まりとそれにおける人間の美しいもの:Empathy・共感及び感情移入。それからEmpathyとその間違えた「優しさ」の福祉に対する影響。様々な国の福祉を支えるシステムの共通点と違い:人権・影響と参加。少子高齢者社会と投票率の関係。 

横塚裕 (NPO法人CeFIL理事長、デジタルビジネスイノベーションセンター代表)
1. ITからデジタルテクノロジー社会へ
2. 今後生きていくにあたっての大事な事
@ 長い人生で何を大事に活きていくべきかの視点
A 企業人として考えておかなければいけない事。

佐藤 慎悟(大学経営コンサルタント)
1. 自らが考える価値基準を持つ意味
2. 大学生活と将来の社会生活はどのようにつながっているか、また、いわゆる「ばら色の人生」は存在するのか。自分の立ち位置から見えるものをどう判断していくことができるのか、などについて議論をしていきたい。
@個人と社会のかかわりなど社会心理学の視点を取り込んだ考察を行う。
A価値、判断などを下すプロセスの考察を行う。

大野裕子 (株式会社ビジネスリファイン代表取締役)
1. 35歳までの私のライフプランニング
2. 男女共同参画社会の日本の現状ですが、政治、経済界における意思決定に参加できるかどうかの指数GEM(ジェンダー・エンパワーメント指数)において日本は108カ国中、58位、世界で遅れを取っている現状です。働く女性側の意識開発も必要ですが、男女を通してワークスタイルや、ワークライフバランスの基準を考えることが必要な時代となっています。
@35歳までのキャリアアップのために、どういう生き方をしていけばよいのか心構えを知り、具体的なキャリア形成のために必要なことを学びます。就職活動を前に人生の目的「到達すべき理想・夢・志・方向性」と目標「目的に到達するための手段・計画・実施・プロセス」が明確になれば、自分に足りないものは何か、これから必要とされることは何かが見えてくるはずです。
A社会人として個人と個人のつながりを大切にする思考・行動・接し方の基本として礼儀作法・マナーの重要性を学び、自分自身の存在価値を高めていただきます。
 

授業時間外学修

グループウエアを使って、事前・事後学習をおこなう。 

キーワード

IT 教育 福祉 経済 政治 ビジネス、人生論、キャリアパス論、実務経験教員科目

 

履修上の注意

※注意※
 この授業は、人気が高く、多数の学生が履修を希望します。ほんとうに授業を受けたい人だけ履修してください。
 この授業では、事前学習のために、受講生の電子メールアドレスを登録してもらう予定です。履修者の決定後に、登録方法を指示しますので、掲示などに注意してください。
ワークショップやグループディスカッションなど多様な授業を実施します。

【講師の自己紹介】
<ストランデル>
17歳の時日本に初めて来た。成田空港に着いた私の荷物の半分以上が剣道の防具。ホームステイして、何度も行ったり来たりした。日本の彼女が出来て、そして振られたら「手酌酒と演歌いう言葉はストックホルム大学の日本語教科書にないでしょ」という風に日本のホストファザーに聞かれて、日本のおじさんの心の勉強実績あり。スウェーデン大使館で研修をして、福祉のテーマの修士論文を作成してからスウェーデン福祉研究所の代表として日本全国をどさ周りしている。

<横塚裕>
東京海上日動保険常務取締役、東京海上システムズ代表取締役社長を務め、現在NPO法人CeFIL会長、情報産業サービス協会会長を務める。
昨年、大企業のデジタルビジネスを推進するデジタルビジネスイノベーションセンターを設立。

<佐藤>
大学卒業後、民間シンクタンクに入社。官公庁の基礎調査や政策提言などを担当。95年にアーサーアンダーセン(現プライスウォーターハウスクーパース)に入社。民間企業のグループ経営のコンサルティングを経て、官公庁サービス事業を立上げ、現在に至る。現在、大学や研究機関のコンサルティング事業を担当している。

<大野裕子>福岡在住
テレビ西日本事業部を経て、九州最大の派遣会社の立ち上げに携わり、90年に株式会社ビジネスリファインを創業。「女性が活躍できる社会は美しい」という信念のもと、社員教育や研修事業、人材派遣、人材紹介事業などで働く女性、働きたい女性、企業とが共に成長する関係作りをサポートするウーマンリソーシングの事業を展開。2005年、大人が礼儀作法・文化教養を学ぶ、フィニッシングスクール インフィニ校長に就任。

<西野>
一昨年還暦60歳を迎えた。コンサルティング会社社長を25年務める。学んだ国は日本・スウェーデン・デンマーク。訪問した国は70ヶ国、話せる言葉は日本語・英語。勤めた会社は5社、設立した会社は5社。好ききな人材は好奇心旺盛な人。富山で好きなのは美味しい酒と米と魚。もちろん富山人も。やりたい事は「地球人」の育成。

 

成績評価の方法

講義終了後にレポート提出の予定(100%)
講義中に創造型ワークショップを実施しますので積極的な参加と
議論への参加を期待します。
 

図書館蔵書検索

授業中に指示します。 

関連科目

  

リンク先ホームページアドレス

  

備考

先生は学外講師の皆さんですので、特にオフィスアワーは設けません。質問などは集中講義期間中にお願いします。 



戻る シラバストップへ戻る
PDF生成 マイシラバスリスト

ページの先頭へ