UNIVERSITY OF TOYAMA SYLLABUS 富山大学
2019年度 授業案内
戻る シラバストップへ戻る
>> 教養教育
  授業科目名
環日本海 マイシラバス
  (英文名)
Study on the Coastal Region of the Japan Sea
  担当教員(所属)
矢島 桂(経済学部)
  授業科目区分
教養教育科目 総合科目系
  授業種別
講義科目
  COC+科目
地域志向科目
  開講学期
前期・火曜2限
  対象所属
教養教育科目
  対象学年
1、2、3、4年
  時間割コード
101239
  単位数
2単位
  ナンバリングコード
1X1-00041-0600
  最終更新日時
19/04/16

  オフィスアワー(自由質問時間)
 

  リアルタイム・アドバイス:更新日  17/01/18
授業中授業内容を理解することにつとめて下さい.分からないことがあったら,授業後各教員に聞いて下さい.

  授業のねらいとカリキュラム上の位置付け(一般学習目標)
いろいろな視覚から,日本海を巡る地域についての授業です.各教員がどのような切り口で環日本海というテーマを説いてゆくのか学んで下さい.

  教育目標
 

  達成目標
各教員がどのような切り口で環日本海というテーマを説いてゆくのかを理解出来,批判的に論評出来れば,理想だと思います.

  授業計画(授業の形式、スケジュール等)
1.横畑泰志「環日本海の生物地理学」(2回)
 生物地理学は、地球上における生物の分布を把握し、その成立過程を推定する学問分野である。本講義では環日本海地域の哺乳動物の生物地理学について、興味深い知見について概説する。1回目は北海道〜九州の哺乳動物相の形成過程をユーラシア大陸との関連を中心に述べ、2回目では特に詳しく研究されているモグラ類など食虫類について説明する。成績はレポートによって評価する。

2,長谷部宏一「北陸三県の地域構造の特質とその起源」(3回)
 北陸三県各県の、産業構造の現状の特質確認と、その特質形成の課程を歴史的に跡づけることを課題とする。昨年度までは富山県を対象に授業を行ったが、本年度は石川県の産業構造の特質の明示と、特質形成のモメントを明らかにする。
 評価は、毎回の授業終了時に小テストを行って、その結果で点数をつける。つまり出席点、3×18。テスト結果3×18。108点満点で評価する。

3,岸本寿生「環日本海経済圏の行方」(3回)
 冷戦終結後、日本海対岸のロシア極東地域、中国東北3省、北朝鮮では、政治的、経済的な安定を求めて図們江経済圏や環日本海経済圏などが構想されたが、現在は北朝鮮問題などがあり膠着しています。しかし中国やロシアの経済発展は著しく、当該地域への影響は大きなものがあります。講義は環日本海諸国の政治・経済状況を捉えながら、当該地域の現状や今後の課題について多角的な検討を行います。適宜、プリントを配布します。成績評価については、授業中のミニレポートと講義終了時のレポートで行います.

4,矢島桂「第一次世界大戦から昭和恐慌までの日本と朝鮮の経済関係」(3回)
1910年代から1930年代における日本と朝鮮との経済関係について学んでいく。特に日本から植民地支配下にあった朝鮮への,鉄道などのインフラ事業に対する証券投資に関して,背景および資金源を調べるとともに,政策との関連や結果について考えていく。
評価方法:平常点(毎回のコメントペーパー)

5,森岡裕「旧ソビエトと環日本海」(3回)
 旧ソビエトは、短期間で工業化を行いそれに「成功」した国でした。そこで最初に、旧ソビエトの工業化の過程について解説し、経済・経営管理メカニズムと産業構造の特徴について見て行きます。ついで、日本と旧ソビエト、ロシアとの経済交流(貿易)の状況も含めて旧ソビエト、ロシアの対外経済交流をとりあげます。最後に旧ソビエト、ロシアの人材育成について見て行きます。
 毎回、授業の最後に小テストを行います(35点×3回、3回の合計点が100点をこえた場合は100点とします)。

以上五つの成績を加重平均して,皆さんの成績とします


  授業時間外学修
皆さんの専門外の授業内容が大半を占めることとなります.従って,復習は,本授業を受講するに当たって必要不可欠です.予習ということは,必要ないと思われます.授業中に授業内容を理解することを心がけて下さい.

  キーワード
環日本海地域の哺乳類,北陸三県,地域構造,現代環日本海経済圏,日本と東アジアの歴史の一側面,旧ソ連と環日本海

  履修上の注意
本総合科目は、日本海周辺地域について、生物学、経済学、経営学の視座から多角的に学習する授業です.分からないことがあったら,授業中に教員に質問して下さい.

  成績評価の方法
授業計画の処に記した各担当者の成績評価の結果を,五加重平均して,皆さんの成績とします

  教科書・参考書等    図書館蔵書検索
基本的に各授業で資料を配付します.

  関連科目
 

  リンク先ホームページアドレス
 
  備考  

001338
戻る シラバストップへ戻る


富山大学 SYLLABUS
 2019年度 戻る シラバストップへ戻る
PDF生成
教養教育
授業科目名
環日本海  マイシラバス
英語名

Study on the Coastal Region of the Japan Sea 

担当教員

矢島 桂(経済学部) 

授業科目区分

教養教育科目 総合科目系 

授業種別

講義科目 

COC+科目

地域志向科目 

開講学期

前期・火曜2限 

対象所属

教養教育科目 

対象学生

1、2、3、4年 

時間割コード

101239 

単位数

2単位 

1X1-00041-0600

最終更新日時

19/04/16 

オフィスアワー

  

更新日 17/01/18

授業中授業内容を理解することにつとめて下さい.分からないことがあったら,授業後各教員に聞いて下さい. 

授業のねらいとカリキュラム上の位置付け

いろいろな視覚から,日本海を巡る地域についての授業です.各教員がどのような切り口で環日本海というテーマを説いてゆくのか学んで下さい. 

教育目標

  

達成目標

各教員がどのような切り口で環日本海というテーマを説いてゆくのかを理解出来,批判的に論評出来れば,理想だと思います. 

授業計画

1.横畑泰志「環日本海の生物地理学」(2回)
 生物地理学は、地球上における生物の分布を把握し、その成立過程を推定する学問分野である。本講義では環日本海地域の哺乳動物の生物地理学について、興味深い知見について概説する。1回目は北海道〜九州の哺乳動物相の形成過程をユーラシア大陸との関連を中心に述べ、2回目では特に詳しく研究されているモグラ類など食虫類について説明する。成績はレポートによって評価する。

2,長谷部宏一「北陸三県の地域構造の特質とその起源」(3回)
 北陸三県各県の、産業構造の現状の特質確認と、その特質形成の課程を歴史的に跡づけることを課題とする。昨年度までは富山県を対象に授業を行ったが、本年度は石川県の産業構造の特質の明示と、特質形成のモメントを明らかにする。
 評価は、毎回の授業終了時に小テストを行って、その結果で点数をつける。つまり出席点、3×18。テスト結果3×18。108点満点で評価する。

3,岸本寿生「環日本海経済圏の行方」(3回)
 冷戦終結後、日本海対岸のロシア極東地域、中国東北3省、北朝鮮では、政治的、経済的な安定を求めて図們江経済圏や環日本海経済圏などが構想されたが、現在は北朝鮮問題などがあり膠着しています。しかし中国やロシアの経済発展は著しく、当該地域への影響は大きなものがあります。講義は環日本海諸国の政治・経済状況を捉えながら、当該地域の現状や今後の課題について多角的な検討を行います。適宜、プリントを配布します。成績評価については、授業中のミニレポートと講義終了時のレポートで行います.

4,矢島桂「第一次世界大戦から昭和恐慌までの日本と朝鮮の経済関係」(3回)
1910年代から1930年代における日本と朝鮮との経済関係について学んでいく。特に日本から植民地支配下にあった朝鮮への,鉄道などのインフラ事業に対する証券投資に関して,背景および資金源を調べるとともに,政策との関連や結果について考えていく。
評価方法:平常点(毎回のコメントペーパー)

5,森岡裕「旧ソビエトと環日本海」(3回)
 旧ソビエトは、短期間で工業化を行いそれに「成功」した国でした。そこで最初に、旧ソビエトの工業化の過程について解説し、経済・経営管理メカニズムと産業構造の特徴について見て行きます。ついで、日本と旧ソビエト、ロシアとの経済交流(貿易)の状況も含めて旧ソビエト、ロシアの対外経済交流をとりあげます。最後に旧ソビエト、ロシアの人材育成について見て行きます。
 毎回、授業の最後に小テストを行います(35点×3回、3回の合計点が100点をこえた場合は100点とします)。

以上五つの成績を加重平均して,皆さんの成績とします
 

授業時間外学修

皆さんの専門外の授業内容が大半を占めることとなります.従って,復習は,本授業を受講するに当たって必要不可欠です.予習ということは,必要ないと思われます.授業中に授業内容を理解することを心がけて下さい. 

キーワード

環日本海地域の哺乳類,北陸三県,地域構造,現代環日本海経済圏,日本と東アジアの歴史の一側面,旧ソ連と環日本海 

履修上の注意

本総合科目は、日本海周辺地域について、生物学、経済学、経営学の視座から多角的に学習する授業です.分からないことがあったら,授業中に教員に質問して下さい. 

成績評価の方法

授業計画の処に記した各担当者の成績評価の結果を,五加重平均して,皆さんの成績とします 

図書館蔵書検索

基本的に各授業で資料を配付します. 

関連科目

  

リンク先ホームページアドレス

  

備考

  



戻る シラバストップへ戻る
PDF生成 マイシラバスリスト

ページの先頭へ